おうちで過ごす休日は、普段はなかなか手が出せないジャンルのお料理にチャレンジする良い機会。時間に余裕があるなら、子どもと一緒に手打ちパスタを作ってみるのも良さそうです!

ということで、早速試してみた編集部スタッフN。

時間を持て余しまくっている小学校高学年の娘が中心になって作業してみたので、その様子をレポートします。

今回参考にしたのは、初めての方にも挑戦しやすいこちらのレシピ。

気持ちいい手打ちパスタ

by オマールえび子

歯ごたえプリっプリ!弾力あるパスタは舌だけでなく歯と歯ぐきでも味わえるんです♪そんなパスタが簡単に手打ち出来ちゃいます。

特別な道具は必要なし。材料もデュラムセモリナ粉の代わりに強力粉を使えるので、手に入るもので気軽にトライできます。では、早速スタート!

粉をこねるのって、楽しい!

4bdaecd794f2dfa5a1902243dda1eccc

材料はとってもシンプル。粉類の他は、卵、オリーブオイル、塩でOKなので、家に常備しているもので始められます。

6b816eba8b237935ae6b71df8c36a58f

ボウルに粉類と卵を合わせていきます。手をしっかり洗って作業しましょう。

まとまってきたら台の上でしっかりこねます。最初はちょっと粉っぽく感じますが、だんだん生地がまとまってくるのが楽しいです。1つにまとめ、濡れ布巾をかけて30分ほど寝かせます。

余裕のある方は、この待ち時間のうちにソース作りをすると良さそうですね。

Bb2977a531ad5bd17125b18dc1a00272

30分ほど寝かせた生地は、しっとり感が増して扱いやすくなっていました。めん棒を使って少しずつ伸ばします。しっかりした生地なので、子どもは高さのある台に乗って体重をかけて伸ばしていました。

途中で向きを変えたりひっくり返したりしながら、できるだけ薄く生地を伸ばすのがポイント。きれいに伸びていくのが楽しいようで、子どもは集中して取り組んでいました。

伸ばせたら、折りたたんで包丁を使って切っていきます。この作業は親が見守りながら慎重に。太さはお好みで!

54f264d478313d3bd19b781f7879a6fd

できました!

ちょっと太めでうどん風の見た目ですが、家族で楽しむには申し分なし。正真正銘の自家製手打ちパスタにテンションが上がります♪

モチモチ食感がやみつきに!

出来上がったパスタは、たっぷりのお湯で5〜6分茹でればOK。今回は市販のミートソースと合わせてみました。


できたてのパスタは思った以上にモチモチで、やみつきになる食感です!子どもたちからも「また作りたい&食べたい!」とすかさずリピートのリクエストがありました。




今回、粉をこねるところから始めて1時間ちょっとで出来上がりました。午前中にゆるゆると始めてもランチタイムにじゅうぶん間に合うので、家族の休日に本当におすすめです!

ぜひ皆さんも、お子さんと一緒に手打ちパスタに挑戦してみてくださいね。