夏の定番「冷やし中華」


夏の風物詩といえば、冷やし中華。お弁当にも持っていきたいけれど、麺がくっつきそうだし、汁もれすると大変そう……そう思っている方に朗報です。今回ご紹介するのは、持ち運びしやすい「冷やし中華弁当」。これで、この夏は外でも美味しい冷やし中華が食べられますね。

持ち運びしやすくする3つのコツ


フィーチャーしたのは3つのレシピ。麵のお弁当にありがちな、くっつく悩み、のせた具がグチャグチャになる、汁もれするという3つの悩みを解決してくれるテクニックをご紹介します。ちょっとしたことですが、これをやるのとやらないのとでは全然違うので、ぜひお試しを。

麺のゆで時間を短めに

お弁当用冷やし中華!始めました

by おかぶ〜ま

冷やし中華大好き娘と私、夏は毎日でも食べたい!お弁当も冷やし中華が良い♡と言う娘のリクエストに応え麺が固まらない工夫を♡

ラップを密着させるのがコツ

ラップで安心♪ 崩れない冷やし中華弁当♪

by のんnori

ひと手間で安心♪
キレイなお弁当がお昼まで続きまーす♪

たれを別に持参して

お弁当用♡漏れないタレの入れ方♪

by ♡jkが作るレシピ♡

ハンバーグのソース、冷やし中華などなど!
ソース、タレなどは食べる直前にかけたいですよね!

いかがですか? 夏に嬉しい麵のお弁当。このテクを使えば、そうめんやそばなどほかの麺もお弁当として持っていけますね。ぜひいろいろ活用してみてください。(TEXT:森智子)

「お弁当」の基本ルール

水分が少ないおかずを選ぶ
おかずの味つけは濃いめにする
おかずは十分に加熱調理する
作りおきおかずは、詰める前にレンジで再加熱&冷ましておく
おかずやご飯は、しっかり冷ましてから詰める
素手ではなく、清潔な箸やスプーンで詰める
持ち歩く際は、保冷剤や保冷バッグを利用する