庭を望む優雅なカフェから古民家風の隠れ家まで。静岡茶を堪能できるお茶カフェ3選

庭を望む優雅なカフェから古民家風の隠れ家まで。静岡茶を堪能できるお茶カフェ3選

静岡らしい風景といえば、山肌をこんもり覆う茶畑。静岡県は、茶栽培面積、収穫量、生産量などどれも全国のほぼ4割を占める日本一の茶処です。さらに緑茶の年間支出金額も日本一で、静岡県民はお茶が大好き。おいしいお茶やお茶スイーツを気軽に味わえるカフェがたくさんあります。今回はその中でも、味はもちろん、お店の雰囲気も素敵なお茶カフェ3店をご紹介します。
菊川市の製茶会社「丸松製茶」が運営する「san grams(サングラム)」は、JR菊川駅のすぐ近く、庭と店内がつながる開放的な造りのカフェです。
茶葉の個性が引き立つよう、ブレンド前の「シングル」の茶葉でお茶を淹れ、「抹茶レアチーズケーキ」や「抹茶のシフォンケーキ」など、お茶に合うスイーツメニューも充実しています。
東名高速掛川ICから車で3分、掛川市の老舗製茶会社「丸山製茶」が、掛川茶の良さを伝えようとオープンした「茶菓 きみくら」。
窓越しに風情ある庭園を眺めながら、上品な和菓子やお茶が味わえ、たっぷりの抹茶を使った贅沢なオリジナルあんみつ「抹茶づくしセット」が人気です。
JR興津駅から歩いて7分、風情ある興津宿の面影を残す旧東海道沿い。大正14(1925)年創業の茶問屋「山梨商店」が営む古民家風の小さなカフェ「和CAFE 茶楽」。
和の素材満載の「和パフェ」、ほろ苦く濃厚な「抹茶のチーズケーキ」など、本格的な味わいのスイーツが好評です。茶葉の品揃えの豊富さは、茶問屋ならでは。
爽やかな香りと、ほどよい渋み・甘みのある「煎茶」、まろやかでコクがあり、濃い緑色の「深蒸し茶」、独特の甘みと香りのある「玉露」など、茶葉や製法、さらに産地によってもその味わいは実にさまざま。
お茶の名産地・静岡で、おいしいお茶とスイーツのマリアージュを堪能してください。

おすすめ情報

ことりっぷの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索