札幌からフルーツたっぷりのパフェが上陸♪ 渋谷の夜パフェ専門店「パフェテリア ベル」

札幌からフルーツたっぷりのパフェが上陸♪ 渋谷の夜パフェ専門店「パフェテリア ベル」

お酒を飲んだあとの〆…何を食べますか?ラーメン、雑炊、お茶漬け等いろいろありますが、甘いものが食べたい!という人も多いのではないでしょうか。北海道・札幌発の夜パフェ専門店「Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)」では、旬のフルーツをふんだんに使った、甘すぎずさっぱりとした食感の、〆にぴったりなパフェがいただけるんですよ。
渋谷駅から道玄坂へ向かって歩くこと数分の場所にある「パフェテリア ベル」。お店へ行くには、居酒屋の立ち並ぶ小道を抜け、ビル3Fへと進みます。

黒地にフクロウのイラストが描かれた看板はまるでBarのような大人びた雰囲気ですが、扉の向こうには、白木が基調のおしゃれなカフェ空間が広がっています。
壁にはバクなどの可愛らしいイラストが描かれ、北海道を彷彿とさせるクマの置物のほか、渋谷店のイメージキャラクターでもあるシマフクロウが店内のそこかしこにさりげなく鎮座。

17時〜の夜時間に営業するため、少し照明を落としたムーディーな雰囲気のなか、パフェとコーヒー、あるいはパフェとワインやウイスキーといったアルコール類がいただけるんですよ。

数年前からじわじわと広がりを見せ、今ではすっかり札幌で定着した感のある、夜パフェ文化。きっかけは、取れたての北海道産乳製品を使ったパフェなどのスイーツを〆に出すレストランやバルが増えたことだそう。今では、札幌市民だけでなく東京でも“〆パフェ”はブームになりつつあります。
パフェは常時数種類あり、旬のものを取り揃えています。
写真上の「キウイと発酵乳のパフェ」は、キウイスライスにチョコレート、キウイソルベ、ヨーグルトのジェラートにシャンパンのジュレなどが層になった一品です。まるでフレンチのコースに登場するような繊細な仕上がりにうっとりしつつ、ひと口食べてびっくり。旬のキウイのはじけるような酸味に、ジェラートの濃厚で豊かな風味が加わります。

写真右は、パイナップルや傘が南国ムードたっぷりの「シンガポールスリングなパフェ」。さっぱりとした甘さのグリオットやライムソルベに、シャンパンムースやジュレが重なり、すっきりとした大人の味わい。いくらでも食べられそうな美味しさです。
こちらではパフェと一緒にアルコールが楽しめるのも大きなポイントです。シャンパンやワインをはじめ、バランタインやラフロイグといったバーで飲むようなお酒まで種類が豊富。お得なセット価格でいただけるのがうれしいですね。
もちろんコーヒーやラテなどのソフトドリンクもあるので、飲めない人も安心です。

週末は夜中2時まで営業しています。飲んだあとや、残業で疲れた帰り道…ちょっと甘いものが食べたいなあと思ったら、ぜひ「パフェテリア ベル」へ寄り道して、幸せ気分に浸ってくださいね。

おすすめ情報

ことりっぷの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索