アートな部屋にお泊まりできる♪ ポップでキュートな渋谷のホステル「The Millennials Shibuya」

アートな部屋にお泊まりできる♪ ポップでキュートな渋谷のホステル「The Millennials Shibuya」

今年オープンした最新の未来型ホテルをご存知ですか? 個性豊かな20人のアーティストが描くアートポット部屋や、おしゃれなデザイナーズラウンジ等を自由に使える、新しい形のホステル。女性一人でも安心して宿泊できる施設として、再開発が進む渋谷の街で話題を集めています。
「The Millennials Shibuya(ザ ミレニアルズ渋谷)」は、ミレニアル世代向けにつくられた、多機能型デザイナーズカプセルホテル。「ソーシャルアパートメント」などを展開するグローバルエージェンツによるライフスタイル事業の一つで、京都店に続き、2018年3月、2号店がJR渋谷駅からほど近い公園通りすぐ近くにオープンしました。
こちらが一般的なホステルと大きく異なるのは、寝るだけの宿泊施設ではなく、共用スペースの割合が総面積の20%と多く取られていること。
ビルの3階以上をリノベーションし、4階がフロントおよびロビー、それにセルフキッチンが付いたデザイナーズラウンジ。3階がイベントスペースとしても使用できる、広々としたコワーキングスペースとなっています。
チェックインを済ませたら、仕事をするも、打ち合わせをするも、一通りの調理家電が揃ったキッチンでお料理をするもよし…ラウンジやスペースをどう使うかはアイデア次第、自由自在。

バスやトイレ、ランドリーがフロアごとにあるのも、うれしいポイントですよね。
5階から10階の宿泊階には京都店と同じく、カプセルホテルをテクノロジーにより応用して開発した「スマートポッド」が120ベッド設置されています。
スマートポッドの操作は簡単。チェックイン時に渡される専用のアプリがインストールされているiPod touchで、ベッドを動かしたり、動画を再生したりと自由に楽しめます。設定した時間になると、自動でベッドの背もたれが起き上がる「リクライニング付きアラーム機能」など、ユニークなものも。
こちらは1フロア内にある全20室の壁面が、それぞれのアーティストによって彩られた「アートポット」と呼ばれるフロア。壁面そのものをキャンバスに見立てて一面に描かれた、非日常的空間です。
参加アーティストは、イラストレーターのJun OsonさんやWALNUTさん、Washio Tomoyukiさんをはじめとした個性豊かな20人。

女性限定フロアや、プロジェクターが設置されているホームシアター付きのお部屋もありますよ。
狭いというカプセルホテルの概念を覆す、ゆったり足を伸ばして寝られるセミダブルサイズのベッドは米国サータ社製。寝心地もフカフカです。

アメニティグッズも揃っているので、手ぶらでもOKです(パジャマは+300円で貸出し可)。東京へ遊びに来たり、残業や飲み会で終電を逃してしまったときに、「The Millennials Shibuya」のような宿泊施設があればうれしいですよね。
ちなみに1人のアーティストが描くアートポット部屋は一つだけ。人気のお部屋はすぐに埋まってしまうため、お目当のアートポット部屋がある、という人はぜひ早めの予約を。


関連記事

おすすめ情報

ことりっぷの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索