行列のできる下北沢のスープカレー屋「SAMURAI.」が届ける、彩り野菜がゴロゴロ入ったルゥカレー

行列のできる下北沢のスープカレー屋「SAMURAI.」が届ける、彩り野菜がゴロゴロ入ったルゥカレー

北海道・札幌発のスープカレーで有名な下北沢の「‎Rojiura Curry SAMURAI.」。そのお店がスープカレーとは違う、新しいスタイルのカレーショップを昨年冬にオープンしました。鮮やかな彩り野菜が入ったスパイシーチキンカリィや赤ワイン仕立てのラムカリィを、お好きなトッピングでいただけるんですよ。
「Mikazuki Curry SAMURAI.(三日月カリィ侍.)下北沢店」があるのは、一番街商店街の本通り。下北沢駅から5分ほど歩くと、真っ白いカフェのような外観が見えてきます。
オープンは2017年12月。すぐご近所にはスープカレーで人気の「Rojiura Curry SAMURAI.(路地裏カリィ侍.)下北沢店」もありますよ。
店内は、DIY好きのオーナーが手作り感にこだわって作り上げた、木のぬくもりが溢れる落ち着いた空間。開店祝いのお花を利用した手作りのドライフラワーが飾られています。
“ルゥカレー”専門店「Mikazuki Curry SAMURAI.」では、スープカレー専門店「Rojiura Curry SAMURAI.」同様に辛さやライス、トッピングが自由に選べます。
辛さは0の「なし」から4の「超辛い」まで、ライスは「S(150g)」から+100円の「LL(400g)」まで、トッピングも「もりもり野菜」(200円)に「焦がしチーズ」(180円)、「侍.ザンギ」(200円)など多様。
ルゥや副菜は店舗でイチから手作りしています。北海道産のお米に、北海道の農家から送られるものを中心とした旬野菜を使用しています。
野菜のトッピングは、お客様からの「スープカレーのように野菜をたくさん食べたい」という一言から始めたのだとか。ゴロゴロと大きめにカットし素揚げした野菜は、シャキシャキとした食感が人気のトッピングメニューです。
ベースに赤ワインを使った「ラムカリィ」はちょっぴり大人の味わい。「スパイシーチキンカリィ」同様、14種類ものスパイスを合わせてまろやかに仕上げたルゥと柔らかいラム肉が好相性です。
オーナーの実家で育てた北海道産の大豆「ユキホマレ」をトマトベースでコトコト煮込んだ「濃厚バターチキンカリィ」(1250円)は、大豆の甘みが強いので、お子様にもぴったり。
ちなみに店名の「三日月」は、ライスの周りにカレーを三日月のようにかけているところをイメージしたそうですよ。「SAMURAI」の後についた「.(点)」は、多くの場所にお店を出すことによって、いずれ点を線にしていきたいという思いが込められているのだそう。

北海道から届いた豆を使ったオリジナルブレンドのコーヒーとともに、「Mikazuki Curry SAMURAI.」のカレーをぜひ味わってみてくださいね。


関連記事

おすすめ情報

ことりっぷの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索