銀行営業室を復元したクラシカルな空間でティータイム。丸の内「Café 1894」

銀行営業室を復元したクラシカルな空間でティータイム。丸の内「Café 1894」

復元された東京駅周辺の丸の内エリアで見つけた、もう1つの赤レンガの建物「三菱一号館美術館併設の「Café 1894」。明治期に銀行営業室として使われていた空間を復元したクラシカルな店内は、異世界に足を踏み入れたような感覚になれると話題です。
さぁ、優雅なティータイムを過ごしましょう。
東京駅・丸の内南口をでると左手にある、レンガ造りのオシャレな建物「三菱一号館美術館」併設の「Café 1894」は2009年にオープン。今でも週末になると行列ができるほどの人気店です。もちろん、美術館を利用していなくても入ることができますよ。
イギリス人建築家、ジョサイア・コンドルが設計し1894(明治27)年に建設された三菱一号館。この建物を忠実に復元した建物が「三菱一号館美術館」で、併設の「Café 1894」はかつて銀行営業室として利用されていたのだとか。クラシックな内装と8mある天井の開放的なフロアが印象的です。
この空間の復元にあたっては、竣工時に撮影されたと思われる写真の他、図面、保存部材から、可能な限り忠実な復元を目指したのだそう。高い天井や柱の彫刻、当時はガス管を通していたランプの形状まで、その再現度合いは目を見張るものがあります。
明治期の洋風建築ということで、レトロな異国文化を一度に感じる不思議な感覚は「Café 1894」でしか味わうことができません。
旬の食材を彩りよく取り入れた「Café1894」人気のワンプレートをご紹介。
美術館併設のカフェらしく、サラダはモネの庭をイメージしています。ココットに入った「シェパーズパイ〜牛挽肉とマッシュポテトのグラタン〜」は過去に人気のあったディナーメニュー。季節で変わるハーブティーも楽しめたりと、大満足のランチタイムが過ごせます。
14時〜17時のカフェ時間におすすめなのは自家製アップルパイ。少し珍しい見た目ですが、クランブルのサクサク感と中に入ったアップルのしっとり感が絶妙です。
アップルの酸味とバニラアイスのバランスも良く、お店の雰囲気もプラスして、大人のティータイムが過ごせそう。
また、12月16日(日)までの期間限定で、20時より夜しか食べられない「アートな夜パフェ」が数量限定で登場。14層の断面がフォトジェニックなタワー型のパフェは、秋の味覚をふんだんに使用し、美術館ならではの立地でアーティスティックなパフェを楽しめます。
パフェを注文すると、「フィリップス・コレクション展」の割引券が入ったオリジナルトートバッグのプレゼントもありますよ。
クラシカルな空間だけでなく、こだわりの食事メニューも素敵な「Café 1894」。東京駅近くの行きたいカフェリストに加えてみてはいかがでしょうか。


関連記事

おすすめ情報

ことりっぷの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索