高級食材を使ったパンを毎日の食卓に。三軒茶屋「トリュフベーカリー」

高級食材を使ったパンを毎日の食卓に。三軒茶屋「トリュフベーカリー」

世界三大珍味の一つで、ふだん口にする機会が少ないトリュフ。その高級食材を日常の食卓にあがるパンと組み合わせたことで話題の門前仲町「トリュフベーカリー」の2号店が昨年、三軒茶屋にオープン。パン好きをはじめたくさんの人が訪れ、客足が絶えません。
「トリュフベーカリー(TRUFFLE BAKERY)」は三軒茶屋駅から歩いて4分ほど。茶沢通りのにぎやかな商店街にあります。

アメリカのカリフォルニアをイメージした店内は、窓から明るい光がふりそそぐ開放的な空間。スタッフがパンを手づくりする厨房の様子も眺められ、大きなオーブンで焼きあがったパンが次々とカウンターに並べられると、わくわくしてしまいます。
お店のはじまりは、ヨーロッパのハムやチーズなどを販売する会社が輸入食材をもっと身近に感じてほしいと願ったこと。高級感のあるトリュフを日常食のパンと組み合わせれば、あまりなじみのない食材でも距離が縮まるのではと考えたことからでした。
人気No.1の「白トリュフの塩パン」は、カナダ産一等小麦を使った甘みのある食パン生地に自家製トリュフバターを巻き込んでオーブンへ。もっちり生地にしみ込んだバターに独特の風味があふれ、パリっとした表面にかけられたトリュフ塩もほんのり香ります。
ヨーロッパで定番の黒トリュフと卵の組み合わせをサンドイッチに取りこんだ「黒トリュフの卵サンド」も人気です。マヨネーズであえた卵と黒トリュフがたっぷりと挟まれ、一口かじるとぷーんと鼻に抜ける芳醇な香り。味わいも濃厚で、贅沢な気分に包まれます。

フルーツサンドは旬のものが期間限定で並びます。5月末まではとちおとめをぜいたくに使ったクリームサンドを販売。いちごの甘酸っぱさとシンプルな生クリームの品のよい甘さをしっとりもちもちのパンが挟みこみます。
パンの材料にはほかにも、オーガニックの小麦粉や砂糖など天然のものを厳選して使用。もともと食材会社が運営しているお店で、いちばんおいしくて安心安全なものを仕入れられるので、自信をもっておすすめできる食材だけをそろえているのだとか。

そこで、注文ごとにスライスしてくれる生ハムの量り売りもぜひ。22ヶ月熟成されたイタリア・パルマ産の極上品で、ふわっと口どけがよくて風味深く、絶妙な塩かげん。そのままでもサラダやサンドイッチで食べても、おいしいワインが飲みたくなりますよ。
お店ではコーヒーも購入可。人気No.3ザクザク食感の「クロワッサン」(280円)とコーヒーの「モーニングセット」(450円)も用意され、店内のベンチで食べていく人もいます。三軒茶屋に訪れた際は、高級こだわり食材のパンのおいしさにふれてみてくださいね。


関連記事

おすすめ情報

ことりっぷの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索