濃厚プリンとコーヒーの甘くてほろ苦い食べ合わせ♪ パティスリィカフェ「ディゾン神保町店」

濃厚プリンとコーヒーの甘くてほろ苦い食べ合わせ♪ パティスリィカフェ「ディゾン神保町店」

「ディゾン神保町店」は、武蔵小山の人気洋菓子店「パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ」の姉妹店。水道橋の「ディゾン本店」に続き、2018年に2号店としてオープンしました。洋菓子店のカフェ部門であることから、スイーツとコーヒーのおいしい食べ合わせを提案。レトロな味わいのカスタードプリンとコーヒーの相性のよさを実感できます。
大型書店や古本屋が軒を連ねる神保町。老舗の喫茶店やカレー店などの飲食店、アウトドアスポーツ用品の販売店も多く、いつもたくさんの人々でにぎわっています。そんな通りから脇道に入ったところに「DIXANS(ディゾン)神保町店」はあります。
お店は紙専門店の倉庫をリノベーションしたビルの1階と2階。駐車場だった1階は高い天井に配管がむき出しになり、床はコンクリートのまま。シンプルで無機質な空間ながら、観葉植物やカウンターテーブルに置かれたサボテンのグリーンに心が和らぎます。

スタッフが自分たちで壁を塗り、ギャラリーのように食器や雑貨を棚に並べたアーティスティックな階段をのぼると、隠れ家を思わせる2階席があります。居心地のよいテーブル、カウンター、ソファー席が用意され、いつまでもまったりとくつろげそうです。
オーナーは製菓の専門学校に通い、コーヒーの魅力に取り憑かれたという本山遼介さん。バリスタとしてコーヒーを提供するなかで、スイーツとコーヒーの相性におもしろみを感じ、それらの食べ合わせを楽しめる店をつくりたいと思ったことが始まりです。

そのため、コーヒーはスイーツの味を邪魔しないように酸味やコクが強くないもの。スイーツとのバランスを大事に考え、苦味がほどよく広がる中深煎りの豆を使用。また、季節に合った味わいを楽しんでもらおうと、ブレンドの配合も都度、調整しています。
人気メニューは、乳脂肪分の高い牛乳を使い、ミルクの味が濃厚な「カフェラテ」。ほのかな甘みと苦味も感じられ、スイーツとよく合います。「ドリップコーヒー」(500円/税別)、「エスプレッソ」(300円/税別)もスイーツと相性よく、おすすめですよ。
カスタードプリンは黄身の味が濃い卵をぜいたくに使用し、昔なつかしい固めの食感に焼き上げています。ナッツの香りをもつリキュールのアマレットとブラウンシュガーを加えて、しっかりと泡立てた生クリームをのせ、まるっとしたかわいい見た目も人気です。

一口食べると、むっちりと弾力あふれる舌ざわり。濃厚なカスタードのコクたっぷりの甘みをカラメルのほろ苦さと生クリームのまろやかな風味が引き立てます。存在を主張する味わいで食べごたえがあるので、コーヒーとの食べ合わせを十分に楽しめます。
吉祥寺の名店「ブーランジェリー ビストロ エペ」の黒糖食パンを使った「ブラウンシュガートースト」もおすすめ。こちらも味わいをしっかり感じられるように、1/2斤の厚切りパンで提供。黒糖のほんのりとした甘さとバターのコクがコーヒーの苦味とぴったりです。
上品で大人の味わいと評判の「パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ」のケーキもぜひ。なかでも「ロールケーキ」は、生クリームの外側の生キャラメルがコーヒーと相性抜群なのだとか。おいしいスイーツとコーヒーの食べ合わせを心ゆくまで楽しんでみてはいかが。


関連記事

おすすめ情報

ことりっぷの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る