スヌーピーファンの聖地「シュルツ美術館」の世界初のサテライトとして、東京・六本木に期間限定でオープンしていた「スヌーピーミュージアム」が2019年12月、南町田グランベリーパークに移転オープン。約2倍の広さになって、生まれ変わった「スヌーピーミュージアム」の見どころをたっぷりとご紹介します。
南町田グランベリーパーク駅から徒歩4分。駅からショッピングモールを抜けると、現れる「スヌーピーミュージアム」。

道中はスヌーピーのスタチュー(彫像)が導いてくれるので、ワクワク感は増すばかり。
ミュージアムの裏手、鶴舞公園のエントランスとつるまの森では、他とは違うスペシャルなスヌーピーが待っているので、こちらも忘れずにチェックしてみて。
3階から、展示はスタート。
まずはオープニング・シアターで「ピーナッツ」の仲間たちが迎えてくれます。マルチスクリーンを駆使した、新作オリジナルアニメーションが上映。飛んだり跳ねたり、スヌーピーたちが部屋中を駆け巡る姿で、一気にピーナッツの世界へ引き込まれていきます。

その後は、作者チャールズ・シュルツの創作の歴史を写真や画像で振り返るコーナーへ。シュルツがキャラクターを生み出す貴重な映像のほか、シュルツの人生と「ピーナッツ」の物語やキャラクターとの密接な関わりも紹介しています。
「ピーナッツ・ギャング・ギャラリー」では、コミック「ピーナッツ」について、スヌーピーやピーナッツ・ギャングの定番エピソードやトリビアについて、複製原画やヴィンテージグッズ、映像を通じて立体的に展示しています。
新聞に連載されたコミックから誕生したことが感じられる、壁画のグラフィックや版ずれの再現はじっくりと見たいポイントです。

3階屋上テラスにも是非、訪れてみて。
たくさんのスヌーピーに囲まれながら、「南町田グランベリーパーク」を一望できます。視界を遮ることなく広がる公園の緑を見ていると、「シュルツ美術館」があるカリフォルニア州のサンタローザのようにゆったりとした時間が過ごせそう。
2階へ降りると、スヌーピーミュージアムの新名所「スヌーピー・ルーム」が登場。大きな白い部屋で、何体もの大きなスヌーピーがお迎えします。
中でも一際目を引くのは、全長約8mの巨大スヌーピー。ライナスの毛布の上ですやすやと眠る姿なのだとか。

その他にも、テディベアになりきったり、スケートをしたり、あまり見かけないユニークなポーズのスヌーピーがずらりと並ぶ様は圧巻です。

半年に一度展示替えする企画展の第一弾は「ビーグル・スカウト」がテーマ。シュルツ美術館から借用した貴重な原画で構成されています。
ハイキングやキャンプを楽しむスヌーピーやウッドストックたちを通して、自然に恵まれた場所に移転したことを伝える内容になっていますよ。
スヌーピーと仲良しのウッドストックをイメージした黄色い空間で、ひと休みはいかが?
ふわふわな質感で構成されており、座りながら「ピーナッツ」のコミックを読んだり、オリジナルのショート・アニメーションを楽しむことができますよ。
ミュージアム内のショップ「ブラウンズストア」では、ここでしか手に入らないアイテムがたくさん。オープン記念限定の赤いパーカーを着たスペシャルなぬいぐるみや、有名ブランドとのコラボレーション商品など、きっとお気に入りが見つかるはず。
新しいミュージアムの大きな変化は、ワークショップルームが常設されたこと。スヌーピーのぬいぐるみを作ったり、和菓子作り体験ができたりと、内容は時期によって変わります。小まめにホームページをチェックして、気になるワークショップがあれば是非、参加してみてくださいね。
思う存分スヌーピーミュージアムを堪能した後は、ミュージアムの横にある「Peanuts Cafe スヌーピーミュージアム」で、お腹を満たしませんか?
ガラス張りの明るい店内には、大きな赤い屋根のドッグハウスや、壁一面に4足歩行のスヌーピーの年代別タイルアートがあり、子供も大人も楽しめる、遊び心ある空間が広がっています。
気になるメニューは「ピーナッツ・ギャング達がフードやドリンクを持ち寄ってピクニックへ行ったら…」というイメージの元に作られたもの。バスケットプレートやスキレットピッツァなど、緑豊かな環境にぴったりのメニューです。
テイクアウト専用メニューとして「ピーナッツ・ギャング・ピクニックボックス」もあります。レジャーシートがついているので、晴れた日には、お隣の鶴舞公園でピクニックをしてもいいですね。
*****
いかがでしたか?
ミュージアムには、あらゆるところにキャラクターがいて、原画の中だけでなく、展示室内の壁面グラフィックをはじめ、あんなところ、こんなところにも。
隅々まで見て楽しんでくださいね。

© Peanuts Worldwide LLC