プリンやフルーツ、アイスクリームなどが色とりどりに盛り付けたデザート、プリンアラモード。レトロで懐かしいそのルックスと味わいが、今再び人気を集めているそうです。

そこで今回は、喫茶店文化が根付く名古屋で見つけた、かわいくて美味しい プリンアラモードを紹介。カラメルのほろ苦さやたまごの優しい香り、フルーツのトッピング…。

大人になったからこそ何倍にも美味しく感じられるプリンアラモード魅力を、ぜひ楽しんでみてください。
名古屋市内に3店舗あるフルーツパフェの人気店「カフェドリヨン」。その3号店である「カフェ ド リオン パレット」だけの限定メニューとなっているのが、プリンアラモードです。

季節のフルーツを贅沢に使ったパフェが人気のお店らしく、プリンアラモードもフルーツたっぷりでゴージャス。イチゴやバナナ、メロンなど8種類ほどのフレッシュフルーツがバランスよく盛り付けられています。

プリンはたまごやミルクが香る豊かな味わいで、プルンと程よい固さ。苦めに仕上げられたカラメルが甘いアイスや生クリームと合わさることで味が変化し、最後まで飽きさせません。
60年以上の歴史を持つ喫茶店の味を受け継ぐ「純喫茶ライオン」のプリンアラモードは、風格さえ漂うクラシックなスタイル。「プリンの詳細なレシピは残っていないのですが、子供の頃から食べていたので、その味をイメージして再現しています」という店主の北林さん。しっかり触感が残る、たまごをたっぷり使った固めの焼きプリンが存在感を放ちます。

白桃やサクランボ、ミカンなどシロップ漬けの缶詰フルーツもいい味を出していますよ。代々使い続けているという四角いガラス皿にも注目です。プリンが無くなり次第終了となる限定商品となっています。
玉子サンドなどの喫茶店らしいフードやご当地メニューが人気を集めている「喫茶ゾウメシ」。こちらのプリンアラモードは、レトロな器に盛り付けたかわいいルックスです。

プリンはじっくり1時間以上かけて蒸し焼きにし、たまごの風味を活かした味わい。カラメルの隠し味に和の調味料である味醂を加え、香りと味に深みをプラスしています。バナナや真っ赤なサクランボのほか、お店のアイコンであるぞうさんのクッキーを添えたかわいい見た目と優しい味わいに癒されますよ。
喫茶室にケーキショップを併設し、深い味わいのコーヒーとともに昔ながらのケーキを楽しむことができる「ボンボン」。こちらでは、これぞ喫茶店のプリンアラモード、と呼びたくなる一品を満喫できます。

「プリンローヤル」という名前で提供されているその品は、優しい味わいのプリンのほかバニラアイスやフルーツを盛り合わせ、チョコレートソース、生クリームでデコレーション。甘めでプルンとした食感のプリンが懐かしく、子どもから大人まで幅広い年代に愛される味わいです。
最後は番外編として、片手で食べられるプリンアラモードのサンドイッチをご紹介。それが買えるのは、名古屋をはじめ、全国の美味しいものを集める食のセレクトショップ&カフェ「チャーリーズ」。オーナーの岩佐さんが同じビルにあるフレンチレストラン「メゾンルパンミュラ」のシェフにお願いして作ってもらったという、特別なデザートサンドイッチとなっています。

プリンはしっかり固めですが、口溶けがよくなめらか。ミルクやたまごの風味が豊かで、パンやフルーツの中にあっても主役としての存在感が際立ちます。数量限定で午前中には売り切れてしまうこともある人気商品です。
いかがでしたか。プリンの味や盛り付け方に各店の個性が光る、名古屋のプリンアラモード。ぜひ食べ比べをしてその違いを楽しんでみてくださいね。