高円寺の駅前にある喫茶店「チーズ喫茶 吾輩ハ山羊デアル」は、チーズを使った料理やスイーツが味わえるお店。喫茶店で人気のかためのプリンやナポリタン、コーヒーにもチーズを使い、新感覚のチーズの味を楽しめます。普段お目にかかれないチーズ料理の味をぜひ体験してみてください。
JR中央線高円寺駅から徒歩3分。駅前の高架下を西に歩いた先にある一軒家が「チーズ喫茶 吾輩ハ山羊デアル」です。チーズ料理専門店をプロデュースした経験を持つオーナー松田洋輔さんが、世界に溢れているチーズをもっとカジュアルに楽しんでほしいとの想いから2018年にオープンしました。

ユニークな店名は、エチオピアの奥地に住む1人の山羊飼いがコーヒーを発見した逸話に由来するのだそう。1杯のコーヒーからプリン、ナポリタンなど喫茶店の人気メニューにチーズを取り入れており、今までと一味違ったチーズメニューの味を体験できます。
入口の扉を開けると、オーナーさんやスタッフさんと会話しながら料理を楽しめるカウンター席。2階席は昔ながらの純喫茶にみられるテーブル席が用意されており、ノスタルジックな雰囲気が感じられる空間になっています。
チーズは、これまで3000種類くらいのチーズを食べてきたオーナーの松田さんが、欧米や日本全国から目利きして仕入れた20種以上を常に用意しています。店内のあちらこちらに飾ってあるチーズの箱だけでも楽しめてしまいそうです。
チーズ焼きおにぎりやチーズ喫茶のチーズトーストなどチーズを使用した軽食が揃う中、食事でオススメなのがパルメザンやペコリーノロマーノなど10種類のチーズを使用した「チーズ屋さん本気のナポリタン」。ナポリタンの下にはたっぷりと6種のチーズを使ったソース、さらにチーズの香りを存分に楽しめるメレンゲがパスタを包みます。

スキレットで提供されるので、最後までアツアツの状態で食べられます。1つのプレートで多くの味わい方が楽しめる、チーズ屋だからこそできた本気のナポリタンを召し上がれ。
そんなチーズを使用した喫茶メニューの中で一番人気なのが「チーズ喫茶のカスタードプリン」。レッドチェダーとクリームチーズを使用した喫茶店のかためのプリンは、濃厚なたまごの風味がしっかりと味わえチーズの塩気がアクセントになっています。たっぷりかかったカラメルソースは、コーヒー豆を漬け込んだブランデーで作ったオリジナル。ほろ苦さの中にブランデーの風味が広がります。
食事と一緒に味わってみてほしいのが、チーズとコーヒーをマリアージュさせた「チーズ珈琲(クリームフロマージュラテ)」。北欧の片田舎で親しまれているチーズを入れたコーヒーをもっと飲みやすくできればと考案されたドリンクなのだそう。

カフェラテベースのチーズ珈琲は3種類。初めて飲む方は、ほんのり甘酸っぱいフロマージュブランが入った「クリームフロマージュラテ」がオススメです。自家焙煎した豆を、注文を受けてから挽くのでしっかりと珈琲の味を楽しめます。

春から夏にかけて、この時期にしか食べられない山羊のチーズを仕入れる予定なのだそう。クリーミーなチーズの塩気とコクを楽しめる喫茶メニューの味を体験してみてくださいね。