2月22日は猫の日です。「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」という猫の鳴き声の語呂合わせから、1987年に猫の日実行委員会が制定しました。

そんな猫の日は、猫の街・谷中をはじめとした谷根千をおさんぽしてみませんか?
古きよき下町の風景を残す、谷中・根津・千駄木エリア。
昔ながらの商店が、70軒ほど軒を連ねる「谷中ぎんざ」が有名です。活気ある商店街を歩くだけでも楽しいですが、路地を入れば個性あるすてきなお店がいっぱいあるんですよ。
谷中銀座商店街にある「らんぷ家」は、トルコの伝統工芸・モザイクランプの専門店です。店内にはトルコから輸入したモザイクランプが天井を埋め尽くすほど吊り下げられ、その美しさに思わず見とれてしまいます。
販売だけではなく、実際にオリジナルのランプを作ることができるんですよ。
谷中銀座商店街にある「やなかしっぽや 谷中本店」は、猫のしっぽをイメージしたスティック焼きドーナッツを販売するお店です。猫好きの心をくすぐるシロ、クロ、ぶちなど、ユニークな名前が愛嬌たっぷり。やさしい甘みとサクッとした食感の“しっぽ”は食べ歩きやお土産にも良いですね。
千駄木駅から歩くこと5分。日本神話にも登場するヤマトタケルノミコトが創祀したと伝えられる古社「根津神社」があります。毎年春には境内で「つつじまつり」も開催されます。
「乙女稲荷社」につづく朱塗りの鳥居や、池にせり出す乙女稲荷社など見どころもたくさんある場所なんです。
根津神社の表参道の鳥居に向かう細道を曲がったところに、「SIGNE COFFEE(シグネコーヒー)」があります。
こちらは旬のフルーツを閉じ込めたグラススイーツ「ヴェリーヌ」や、季節のケーキといっしょに、本格的なドリップコーヒーがいただける落ち着いた雰囲気のカフェ。さんぽの合間に立ち寄って穏やかな時間を過ごしてみませんか。
*****
いかがでしたか?
今回は過去に紹介した記事や写真投稿の中から、猫の日に訪れたい「谷中さんぽ」をご紹介しました。
メニューや営業時間、定休日などの情報は、各店舗に確認してからおでかけしてくださいね。