全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は新潟県の「三角だるま」をご紹介します。

紫蘇風味のさわやかな白餡がたっぷり入った最中

阿賀野市水原町に伝わる三角だるまは、円錐形のとんがり頭が特徴の伝統工芸品です。本日紹介するのは、その形と名前も同じ和菓子「三角だるま」。おとぼけ顔にくすっと笑みがこぼれるキュートな最中です。

紙のパッケージを開くと円錐形の最中が登場。中には紫蘇を練り込んだ白餡がたっぷり詰まっています。紫蘇の入った白餡と聞くと珍しさを感じますが、ほのかな紫蘇の風味がさわやかな味わい。ひとつが10センチを超えるボリュームですが、さっぱりした餡のおかげで軽く食べられます。

ひょうきんな表情の「三角だるま」そのものがモチーフ

モチーフとなっている伝統工芸品の三角だるまは、山口人形から派生した起き上がりこぼし。とんがった頭と“へ”の字にまがった口、下がった眉とひげがいじらしい表情です。気持ちを和ませてくれるような佇まいの郷土玩具ですが、現在では市内にあるひとつの工房のみで作られています。

民芸品の三角だるまの愛らしさをお菓子に落とし込んだ最中「三角だるま」。見つけたらぜひ手に取ってパッケージを愛でて、おいしさを味わって楽しんでくださいね。