全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は京都府の「Monaショコラ抹茶」をご紹介します。

和洋融合の洗練されたビジュアルも素敵

「Chocolaterie HISASHI」は、チョコレートの世界大会でチーム優勝、個人で準優勝の経歴をもつ小野林範さんのショコラ専門店。今回ご紹介するのは、パリパリ最中と本格チョコクリームの相性が絶妙な人気スイーツ「Monaショコラ」の抹茶です。

最中の上には、シェフの頭文字「H」が刻印された抹茶チョコのプレートが。ひと口食べると、パリッとした最中の香ばしさと、芳醇な抹茶の香りが口の中に広がります。クリームで生地がしっとりしないよう、内側をチョコでコーティングしてあるので、最後までサクサクの食感が楽しめます。

濃厚なのに、ふわふわ軽やかな食感の抹茶クリーム

抹茶には、京都の宇治茶専門店「丸宗」が、専属農家の茶葉を中心に厳選した一番茶のみをブレンドした抹茶“京の緑”を使用しています。濃厚かつ上品でなめらかな味わいのクリームは、ふわっとエアリーな食感。

時間が経ってもサックリ食感が楽しめる「Monaショコラ」。常温に少し置いて、クリームが柔らかくなったころが一番の食べ頃です。ショップには、ショコラティエの技が際立つボンボンショコラをはじめ、焼き菓子、ケーキなどがズラリ。魅惑のショコラに囲まれる愉しみを満喫してみて。