便器をはずして脱獄!? 米国で囚人6人が逃走

便器をはずして脱獄!? 米国で囚人6人が逃走

 米国テネシー州コック郡にある刑務所で、2016年12月25日に脱獄が起きた。そのクリスマスの早朝、6人の囚人はトイレに設置されている便器をはずし、穴の中を這って逃走したという。海外メディアSkyNEWSが報じた。

 同メディアによると、便器を固定していたネジはサビにより劣化しており、囚人たちがはずすことが可能だった。その後、彼らは後ろ部分のコンクリートにある穴を破壊、そこから逃走。海外メディアBUSINESS INSIDERによると、コンクリート部分は水漏れにより傷んでいたという。

 当局によると、脱獄した6人のうち5人は、逃走後すぐに捕まり、すでに身柄を確保している。1人は依然逃走中だ。逃走中の男の名はデイヴィッド・ウェイン・フレイザーで、服役していた罪状は、窃盗、既決重犯罪での武器の所持。

 海外メディアWATE6によると、フレイザーは脱獄した6人の中でもっとも危険な人物だそうだ。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

07時58分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索