和装姿の綾瀬はるか、近藤正臣から“無礼”を暴露されタジタジ

和装姿の綾瀬はるか、近藤正臣から“無礼”を暴露されタジタジ

 女優の綾瀬はるかが14日、都内で行われた主演映画『本能寺ホテル』初日舞台挨拶に、共演の堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫、鈴木雅之監督と共に出席した。この日は、戦国時代を舞台にした作品にちなみ、登壇者全員が和装姿で登場したが、綾瀬は「うれしいものですね」と笑顔を見せつつも「お正月気分を引きずった感じで……」とネガティブな発言で会場を沸かせていた。

 本作は、映画『プリンセストヨトミ』の鈴木監督、綾瀬はるか、堤真一らスタッフが再集結して制作したオリジナル歴史ストーリー。会社をリストラされ、京都旅行に来ていた繭子(綾瀬)が、ひょんなことから宿泊していたホテルを通じて「本能寺の変」が起こる前日にタイムスリップしてしまったことから起こる騒動を描く。

 今年も相変わらずマイペースなトークを展開する綾瀬だったが、大ベテランの近藤から「この人おかしいんですよ」と指をさされると「撮影中、ビニールに入ったカチカチになったみたらし団子を渡してくれて『ホテルに帰ってチンして食べてください』って言うんですよ。せっかくだからマネージャーと一つずつ食べたら、とても食べられるような状態じゃなくて。よくあんなもの渡すよな」と苦情を訴えられていた。

 綾瀬は「わたしも食べていてものすごく固いなって思ったのですが、有名なお店のものだったので、こういうものなのかなと思って」と言いワケ(!?)をしていたが、近藤は「もう、こういうところが素敵なんですよね。好きです!」と公開告白されていた。

 さらに戦国時代を舞台にした作品にちなみ「登壇者の中で天下を取れそうな人は誰か?」という質問では、圧倒的多数で綾瀬が支持された。「いいんですか?」とまんざらでもない表情を浮かべていた綾瀬だったが、堤から「嫌だよ。こんなすっとこどっこい」と一刀両断され、さらに鈴木監督から「リーダーなんてものは、綾瀬はるかぐらいフラフラしているほうがいい」とその理由を述べられると複雑そうな表情を浮かべていた。

 映画『本能寺ホテル』は全国公開中。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

07時09分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索