クリス・エヴァンス、トランプ米大統領を「無頓着なバカ」と痛烈批判

 ドナルド・トランプ米大統領が犯罪者に対する暴力を容認するような発言をして波紋を投げかける中、映画『キャプテン・アリカ』シリーズの人気俳優クリス・エヴァンスが、トランプ大統領を「無頓着なバカ」と痛烈批判した。

 問題の発言はトランプ大統領が米ニューヨーク州で警察当局に向けて行った演説の一部だった。トランプ大統領は罪を犯した犯罪者を警察の車の中に入れる際に、警官が犯罪者の頭に手をやって頭をドアの入り口にぶつけないようにする行為を例に挙げ、「犯罪者に優しくする必要はない」といったニュアンスの発言をしたことで、警察当局からも批判される事態となった。

 事態を収拾しようと、サラ・ハッカビー・サンダース大統領報道官が「ジョークだった」と釈明したことから、さらなる批判を呼んだ。クリスは憲法で認められている犯罪者の人権を軽視していると受け止められそうなトランプ大統領の発言を受け、自身のツイッターに「無頓着なバカだ。自分が何を奨励しているのか分かっているのか?“ジョーク”ならいいというのか?? 社会に関する認識と理解が全くない」と、大統領の発言が容疑者に対する暴力を助長する可能性があることを示唆した。

 クリスは共和党のトランプ政権発足後、インタビューでトランプ大統領選出について「怒りを感じる。とてつもない怒りを覚えている。本当に信じられない」とトランプ大統領不支持を表明していた。

関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索