『ひよっこ』、実と暮らし始めたみね子  田植えのため一緒に奥茨城に帰ることを決意

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』。みね子(有村架純)は、行方不明になっていた父・実(沢村一樹)とついに再会するが、記憶喪失になっているとわかりひどく混乱する。みね子からの手紙で母・美代子(木村佳乃)が上京し実と再会。美代子は保護していた世津子(菅野美穂)に対し感情的になってしまう。3人はの世津子の家をあとにするが、混乱している様子の実に美代子は、気持ちが落ち着くまで東京でみね子と一緒に暮らすことを提案する。実はすずふり亭で鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)と再会。あかね荘の人たちとも顔を合わせる。

 みね子は実と二人暮らしを始めた。富(白石加代子)に頼まれたペンキ塗りや修理をして過ごす実。そんな父を見守るみね子のもとに、世津子(菅野美穂)から手紙が届く。

 一方、美代子は君子(羽田美智子)ときよ(柴田理恵)を呼んで“奥茨城母の会”を緊急開催する。東京での出来事を聞いてあぜんとする君子ときよ。世津子の印象を遠慮がちに尋ねると、美代子は複雑な気持ちを打ち明ける。

 みね子は、“記憶をなくす前の父”がどんな人だったのか、実にゆっくり時間をかけて伝える。話を聞いて「奥茨城に帰ってみようかな」と言う実。ちょうど田植えの季節というのもあって、みね子は一緒に帰ることを決意する。人手不足のなか店を休むのは申し訳ないと思っていると、鈴子や省吾は「大切な仲間のためだから」と快く送り出してくれる。

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』は総合テレビにて月曜〜土曜あさ8時放送。

関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索