間宮祥太朗、胸割りタトゥー姿解禁! 初主演作『全員死刑』公開日決定

間宮祥太朗、胸割りタトゥー姿解禁! 初主演作『全員死刑』公開日決定

 俳優・間宮祥太朗の初主演映画『全員死刑』の公開日が決定し、さらに最新スチールが解禁となった。本邦初公開となるのは、背中から胸に掛けてパックリと割れた見事なタトゥー姿の間宮。憂いを帯びた表情には色気とヤバさが漂い、本作の狂気性が露わになった一枚となっている。また、リアルなタトゥーを書き入れるメイキング写真も解禁となった。

 2004年に福岡・大牟田で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件「大牟田4人殺害事件」。本作は、自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに、わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語を描く。

 主演の次男・タカノリ役には『帝一の國』(17)や『トリガール』(17)など数々の話題作に出演中の人気若手俳優・間宮が務める。長男・サトシ役には『ケンとカズ』(16)で 2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が並ぶ。監督は、『孤高の遠吠』(15)で本物のヤンキー を出演させるという驚きの手法で映画界を揺るがせた弱冠26歳の小林勇貴が務める。

 家族想いの主人公タカノリ(間宮)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平)とヒステリックな母・ナオミ(入絵)、愛する彼女・カオリ(清水)を守るため、姑息な兄サトシ(毎熊)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと。家族総出の資産家一家狩りが始まる…。

 映画『全員死刑』は11月18日よりヒューマントラストシネマ渋谷・テアトル新宿ほか全国ロードショー。

関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索