関智一、釘宮理恵ら新アニメ『VANISHING LINE』出演決定! 特報映像も解禁

関智一、釘宮理恵ら新アニメ『VANISHING LINE』出演決定! 特報映像も解禁

 人気アニメ『ユーリ!!! on ICE』『この世界の片隅で』などを手がけた制作会社・MAPPAが制作を手掛ける新アニメ『VANISHING LINE』の放送が決定。作品の世界観を堪能できるビジュアルと特報映像が解禁されたほか、関智一、釘宮理恵、島崎信長、小清水亜美ら豪華声優陣からのコメントも到着した。

 本作は、高度に発展した都市・ラッセルシティを舞台に描かれるSFアクション。世界を揺るがす巨大な陰謀が動き始めるその街で、いち早くその動きを察知し闘いに身を投じ始めた男・ソード(CV:関智一)。やがて、たがいに「エルドラド」というキーワードをきっかけに出会った少女・ソフィ(CV:釘宮理恵)と行動を共にするようになる…。

 放送に先がけて解禁されたビジュアルと特報映像からは、繁栄を謳歌するデジタル都市を縦横無尽に駆け抜けるバイク、そして短いシークエンスながらも映像の中に凝縮された迫力のアクションが垣間見える。

 主人公・ソードを演じる関は「物語の世界観に胸踊り、アクションシーンの演出に期待がふくらんでいます。久しぶりの大男役なので、楽しみながらやっております」と収録の様子を明かし、ヒロイン・ソフィ役の釘宮は「シリアスで重厚感のあるお話です。ソフィはボーイッシュな風貌ですが、内面はどこにでもいるようなふつうの女の子。心情を丁寧に追ってお芝居していきたいと思います」とコメント。

 謎の美女・ジーナ役の小清水は「ソードのひょうきんでかわいらしいところやストーリーのちょっと大人な雰囲気がマッチして、心地の良い作品だと思いました。私にとってチャレンジな部分もありますが、ファンのみなさまの期待に応えられるよう頑張ります!」と意気込みを示したほか、ソードの相棒・ルーク役の島崎は「大人が沢山出てくる、硬派で重厚かつ大人のユーモアがある昨今珍しいタイプの作品です。セリフや情報をあまりつめこまないで間とか演出で魅せる作品で、素直に面白いと思ってもらえると思います」と作品への自信をみせている。

 アニメ『VANISHING LINE』は、10月よりテレビ東京系ほかで放送スタート。

関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索