TOKIO城島茂、4人でも「変わらず頑張る」 浪江町への思いも明かす

TOKIO城島茂、4人でも「変わらず頑張る」  浪江町への思いも明かす

 TOKIOの城島茂と国分太一が11日、都内にて開催された「ふくしまプライド。」新CM発表会2018に出席した。城島は4人体制のTOKIOについて「変わらず。頑張っていくだけです」と語ったほか、東日本大震災で被災した浪江町について「いつか浪江の村にも戻りたい」と思いを明かした。

 CMキャラクター就任7年目を迎えたTOKIO。新CMは、『あたらしいポスター』篇、『うまい! 福島の夏野菜』篇、『うまい! 福島の桃』の3篇で、地元生産者たちと触れ合う城島や松岡昌宏の姿が描かれる。この日は城島と国分に加えて、箭内道彦福島県クリエイティブディレクター、内堀雅雄福島県知事、福島県の農産物生産者も出席した。

 城島はCMの撮影を「(合間に)生産農家の皆さんと喋りました。野菜の話とか、きゅうりはどんなきゅうりですか?とか。和気あいあいと」と回想。一方の国文は「箭内さんにちょっと聞きたいんですけど、なぜ城島さんと松岡さんだったんですか?」とモノ申し、「二人よりはいい顔できると思うんですけど…」と不満げな表情を見せた。箭内から「まだまだこのあと、秋にね。新しいCMを用意していますので。太一くんには、米を食べてほしいな」と言われると、国分は「いつでも行きます!」と笑顔を見せていた。

 TOKIOを代表して「ふくしまプライド。」という言葉にかける思いを聞かれた城島は、東日本大震災で被災した福島県の浪江町に言及し「いつか浪江の村にも戻りたい。3.11以降、心はあそこに残したままですね。」とコメント。続けて「安心・安全を絶対に打ち出す。当たり前なんですが、食べていただきたい、本当においしいんだと。そこが自分たちのプライドでもあります」としたうえで「自分たちのやることが、福島の皆さんの代表として恥ずかしくないよう、頑張っていけたら」と話していた。

 「ふくしまプライド。」新CMは、7月14日より放映。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索