磯村勇斗、19歳監督を笑顔でイジる「切なさとかが何もない」

磯村勇斗、19歳監督を笑顔でイジる「切なさとかが何もない」

 俳優の磯村勇斗と女優の白石聖、執筆当時高校生ながら監督・脚本を務めた宮嵜瑛太さんが、16日に都内で開催された第5回「ドラマ甲子園大賞」受賞作品『キミの墓石を建てに行こう。』記者発表に出席した。磯村は脚本を称賛しつつ、宮嵜監督について「切なさとかが何もない。すごく堂々としていましたし、反骨精神もある」と笑顔で語った。

 「ドラマ甲子園」は全国の高校生から1時間ドラマの脚本を募り、大賞に選ばれた1本をテレビドラマとして制作するもの。本作は、常に無気力だった青年・片瀬奏(磯村)が、自分に生きる力を与えてくれた後に病で亡くなってしまった朝田梨花(志田未来)の「お墓を立ててほしい」という願いを、梨花の後輩である石川奈々(白石)と共に叶えようと模索する姿を描く。

 大賞受賞の喜びを聞かれた宮嵜監督は「多くの人に作品を見ていただけて、多くの方の協力の下、作っていけるのを体験できて、すごく幸せなことだと感じています」とニッコリ。現在は19歳の予備校生。今後については「何かを書いたりとか、ドラマとか創作に関わっていける活動や仕事を目指していけたら」と展望を明かした。

 主演の磯村は「どこかファンタジーのように感じるけれども、そっと寄り添いたくなるようなドラマと言いますか。優しさもあって、すごく引き込まれる作品だと思います」と手ごたえを感じている様子。宮嵜監督の脚本が切なかったとした上で「びっくりしてるんですけど、現場の宮嵜監督と、描いている宮嵜監督が全然違うんですよ(笑)」と言い、「全然、切なさとかが何もない」と笑顔でイジっていた。

 一方の白石は「この作品が10代最後の作品になって、クランクアップした8月10日が20歳の誕生日でもあって、私自身の中でも思い出深い作品というか、これからも振り返ったときに出てくる作品だなと思う」と感慨深そうに話していた。当日は、スケジュールの都合で欠席した志田からのビデオメッセージも上映された。

 第5回「ドラマ甲子園大賞」受賞作品『キミの墓石を建てに行こう。』はCS放送フジテレビTWOドラマ・アニメで10月28日19時30分放送。


関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索