『磯野家の人々』伊佐坂先生は浅野和之 家族小説執筆で引退を決意!?

『磯野家の人々』伊佐坂先生は浅野和之 家族小説執筆で引退を決意!?

 “20年後のサザエさん”を女優・天海祐希の主演で描くスペシャルドラマ『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』(フジテレビ系/11月24日20時)に、俳優の浅野和之が出演することが決定した。20年後の伊佐坂難物(70代)を演じる。

 1969年のテレビアニメ放送開始から10月で50周年を迎え、その記念すべき年に磯野家の20年後をオリジナル脚本で描く本作。天海がサザエを演じるほか、マスオ役を西島秀俊、カツオ役を濱田岳、ワカメ役を松岡茉優、タラオ役を成田凌、フネ役を市毛良枝、波平役を伊武雅刀、穴子役を小手伸也、ノリスケを八嶋智人が務める。

 磯野家の隣に居を構える小説家で、デビューから一貫して恋愛小説を書き続け、数々のベストセラーを世に送り出している伊佐坂。締め切り間際にならないと仕事にかからない癖は20年経っても直らず、それどころか最近は、大型チェーン店の出店でスッカリ閑古鳥が鳴いている“あさひが丘商店街”を盛り上げるため、小説家よりも商店街の盆踊り大会の実行委員に精を出している。ただ、実は遅筆ながら書き進めている原稿があり、それは自身初となる家族小説で、さらにこの小説を最後に、小説家を引退することも決意しているというのだ。

 浅野はオファーを受けた当時を振り返り「子供の頃、家族で回し読みして楽しんでいた、あのサザエさんに出演できるなどとは、思いもよらなかった事でした!!」とコメント。見所について「やはり20年後のサザエさん一家が見られるなんて、想像した方は居るとは思いますが、それが実際に見られる事が見所であります!!」と語っている。

 スペシャルドラマ『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』は、フジテレビ系にて11月24日20時放送。


関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る