橋本環奈『シグナル 100』、自殺催眠の恐怖に翻弄される生徒たち…場面写真一挙解禁

橋本環奈『シグナル 100』、自殺催眠の恐怖に翻弄される生徒たち…場面写真一挙解禁

 女優の橋本環奈が主演を務める、R15+指定の映画『シグナル 100』より、橋本や共演の小関裕太、瀬戸利樹ら生徒たちが自殺の連鎖に追い詰められる姿を収めた場面写真が一挙解禁された。

 本作は、その壮絶な描写ゆえに、連載当時から実写映画化は不可能と言われていた同名コミックが原作。100の「自殺暗示催眠」を掛けられた高校生たちによる絶望のデスゲームを描く。橋本が単独主演を務める映画が公開されるのは、『セーラー服と機関銃 ‐卒業‐』(2016)以来4年ぶり2作目となる。

 橋本、小関、瀬戸のほか、甲斐翔真、中尾暢樹、福山翔大、中田圭祐、山田愛奈、若月佑美、前原滉、栗原類、恒松祐里ら注目の若手俳優もクラスメイト役として集結し、生徒を追い込む担任教師役を歌舞伎俳優の中村獅童が務める。

 解禁となった場面写真には、自殺催眠によるデスゲームの首謀者である担任教師の下部(中村)と真っ向から対峙する樫村怜奈(橋本)らクラスメイトたちや、榊蒼汰(小関)が倒れた仲間を抱えて悲しみのあまり激しく叫ぶ姿、クラスメイトからは一歩距離を置いている和田隼(瀬戸)が怪しげなビンを手に不遜な笑みを浮かべるシーンが垣間見れる。

 さらに、橋本とはドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ)でスケバンコンビを演じて以来の再共演となる若月演じる樫村の親友・小泉はるかや、電動ドリルを頭に突きつけ衝撃的な姿を見せる羽柴健太(中田)、恐怖に駆られて顔をゆがめる園田樹里(山田)、全部で100ある自殺催眠発動のシグナルのうちのひとつ“スマホを使う”のトリガーとなるスマホを手に慌てふためいた表情の山本英司(栗原)、裏切り者の存在により疑心暗鬼に陥った箕輪紀子(恒松)ら、死と隣り合わせの極限状態のサバイバルにより狂わされていくクラスメイトたちの様子も確認することができる。

 映画『シグナル 100』は2020年1月24日より全国公開。


関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る