俳優の高杉真宙が15日、都内で開催された映画『前田建設ファンタジー営業部』完成披露上映会に、共演の上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、六角精児、小木博明(おぎやはぎ)、英勉監督と出席。仲が良くて現場でもずっと話をしていたという共演陣だが、実は最初は人見知りで誰もしゃべらなかったことを上地が明かし、大盛り上がりとなった。

 『前田建設ファンタジー営業部』は『マジンガーZ』の格納庫の建設設計に本気で挑んだ、熱きサラリーマンたちの実話から生まれた1作。上司のアサガワ(小木)に「うちの技術でマジンガーZの格納庫を作っちゃおう」と無茶ぶりされた広報グループのドイ(高杉)たち。実際には作らないものの、実物を作るのと同じように取り組むという前代未聞で無謀なプロジェクトに、ドイたちは悪戦苦闘する。

 冒頭、高杉のあいさつの時点から小木が中心になって茶々を入れるなど、にぎやかムードだった登壇陣。しかし、上地が「こう見えますけど、最初5人の部署で(上地以外の)4人、鬼のように人見知りで全然しゃべらなくて! まじで嘘でしょって! だから、ちょっかい出しました。こんなしゃべるなんて夢にも思わなかった!」と暴露。悪びれることもなく、高杉は「全然しゃべらなかったですね」と真顔でうなずく。小木は「誰もしゃべりませんよ。誰もね! 暗い4人ですよ。(上地が)間に入ってくれたんです、全部このおバカタレントが!」と罵声を浴びせてみせるも、「上げて下げるの、やめて(笑)」とうれしそうに突っ込む上地だった。

 新年にかけて「2020年の新たにチャレンジしてみたいこと」を聞かれた面々。岸井が「髪の毛を脱色してみたいです。そういう役、巡り合っていない」と抱負をあげると、小木が「すればいいじゃん」と言い放ち、上地が思わず「冷たくない?」と苦笑。高杉も「坊主にしたいです」と乗っかると、当然、小木は「やりゃいいじゃん」とにべもない対応をしつつ、「役者さんって面倒くさいんだね、いろいろあるんだね」と知った顔をしていた。

 映画『前田建設ファンタジー営業部』は1月31日より全国ロードショー。