新田真剣佑と北村匠海が15日、都内で行われた映画『サヨナラまでの30分』の大学生限定試写会イベントに共演の久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、そして萩原健太郎監督と参加した。

 客席の大学生たちには事前に萩原監督のみの登壇と告知。しかし実際はメインキャストのフル登壇というサプライズ。これに現役大学生たちはパニック&歓喜の悲鳴でイベントはスタートした。新田は「こんばんはー!」と爽やかにあいさつし、北村は「僕は大学時代を過ごしたことがないので、大学というだけでワクワクしています」と大学内施設でのイベント開催に興奮していた。

 そんな中、観客の大学生からはサプライズ返しとばかりに劇中歌「もう二度と」を合唱するプレゼントが。聴き終えた北村は「あぶない! あぶない! 普通にビックリ仰天!」と溢れ出そうになった涙をぬぐうほどに感激。

 北村は「合唱が好きなので…。カラオケでも合唱曲を歌うくらいなんです」と自身の歌の趣味を紹介するほどの感動ぶり。それに新田は「僕も僕も。二人しかいないのに二人とも合唱曲を歌ったりしてね」とニッコリで「サプライズをしに来たのにまさかのサプライズ返しをされるとは…。ありがとうございます」と粋な計らいに感謝していた。

 1年前に死んだバンド「ECHOLL」のボーカル・宮田アキ(新田)が遺した、1本のカセットテープ。偶然それを拾った颯太(北村)とアキがテープの再生される30分間だけ入れ替わり、一つの体を共有する本作。

 青春時代の思い出を聞かれた北村は「青春…ないな〜!」とぶっちゃけ、「この映画で取り戻した感じです。昨年の撮影でこの映画がNo.1楽しかった」と明かすと、新田も「学生時代はあまり青春を感じることがなくて…。作品で青春を感じることが多い」とシミジミ。久保田が「私もないですね」と断言すると、さすがに北村は「青春なさすぎだけれど大丈夫!?」と心配し始め、上杉に至っては「そういうキャスティングなんじゃない?」と冷静に分析していた。

 映画『サヨナラまでの30分』は、1月24日全国公開。