俳優の中村倫也が主演を務める4月スタートの新ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の追加キャストとして、俳優の北村有起哉の出演が発表された。中村演じる美食探偵にコンプレックスを抱きまくる、ちょっと残念な警視庁のベテラン警部役を演じる。

 本作は、東村アキコによる漫画『美食探偵―明智五郎―』(集英社「ココハナ」連載中)をドラマ化する、恋する毒殺サスペンス。美食家の探偵・明智五郎が類いまれなグルメに関する知識を使って殺人事件を解決していく。キャストは、中村のほか、連続殺人鬼“マグダラのマリア”役の小池栄子、中村の相棒役として小芝風花が出演する。

 北村演じる警視庁捜査一課のベテラン警部・上遠野透は、明智に事件捜査に首を突っ込まれるのを嫌がるものの、結局助けられてしまう残念な男。明智に頼んで月イチの食事会「東京美食倶楽部」に入れてもらったものの、グルメにはからきし弱い。東京で長年刑事の仕事をしているのに、いまだにバリバリの土佐弁で話す男だ。ダークな殺人事件を描く本作の中で、土佐弁を駆使した上遠野と明智の丁々発止のやりとりは、笑って楽しめる見どころの一つとなる。

 北村は「まだ役柄を完全につかみ切れてはいないのですが、実はつかむ必要もないかな……と(笑)。というのは、その時の直感やノリ、空気で何が生まれるか……という撮影現場での瞬発力を重視して演じたいと思っているので。上遠野の役割としては、頭が切れてちょっと変わった明智というキャラクターをどう引き立てるかが大事。とにかく派手に、賑やかに一緒にお芝居を楽しみたいです」と話す。土佐弁には苦労している様子で、「方言手当が欲しいですね(笑)」としている。

 北村はまた、原作を読んだ印象について「女性だけでなく、男性も楽しめる作品だと思います。結構エグイ内容も描かれているので、それをドラマでどう表現していくのか……それも楽しみですね」と期待。他のキャスト陣についても「芝居が達者な人ばかりなので、ぶっ飛んだ設定もアドリブに対しても怖いモノ無しだと思いますし、今のドラマの枠をはみ出すような作品ができるのではないか……と思っています」と語っている。

 日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』は、日本テレビ系にて4月から毎週日曜22時30分放送。