俳優の加藤清史郎が主演を務める映画『#ハンド全力』のフルキャストが解禁された。蒔田彩珠、芋生悠、篠原篤、仲野太賀、志田未来、安達祐実、ふせえり、田口トモロヲら、個性あふれる実力派俳優が集結している。

 本作は、SNSをきっかけにハンドボールを再開した主人公が、改めて人の優しさや強さ、絆の大切さを知り成長していく姿を描く青春映画。主人公の高校生・清田マサオ役を18歳になった加藤が演じる。

 熊本在住の高校生・清田マサオ(加藤)は、夢中になれるものもなく、幼なじみの岡本(醍醐虎汰朗)とスマホをいじるだけの無気力な日々を送っていた。

 ある日、マサオが震災で離ればなれになってしまった親友タイチ(甲斐翔真)と3年前に仮設住宅前で一緒にハンドボールをしていた写真をアップすると、その投稿に思わぬ熱いコメントが続々と集まりだす。それに気をよくし「#ハンド全力」とハッシュタグを付けたころ、全国からさらに“善意”が寄せられ、大きな反響を呼ぶ。マサオと岡本の二人はSNSを盛り上げるためだけに、廃部寸前の男子ハンドボール部部長・島田と再建に向け奔走するのだが…。

 加藤演じる主人公・清田マサオと幼なじみでSNSに懐疑的な女子ハンドボール部員・黒澤には、河瀬直美監督最新作『朝が来る』でも主要キャストに名を連ねる蒔田彩珠。女子ハンドボール部のエースで、マサオがほのかに好意を寄せる七尾には芋生悠。倦怠(けんたい)感を漂わせながらも奮闘する部員たちを支える男子ハンドボール部顧問・吉牟田には、橋口亮輔監督の『恋人たち』主演で新人賞を総なめにした篠原篤。「#ハンド全力」のSNS発信に共鳴するコンビニ店員には、お笑いコンビ・デニスの植野行雄が決まった。

 また、世間の注目を浴びる男子ハンドボール部員たちをテレビ番組で追跡するリポーターに、熊本県出身のお笑い芸人・プー&ムーのおたこぷーとおさむが本人役で出演。そして、お調子者だけど芯は強いマサオの兄アニウエに、仲野太賀。天真らんまんで底抜けに明るいアニウエの恋人テルテルには志田未来。生徒に厳しく接しながらも親身に寄り添う女子ハンドボール部の熱血顧問市川を安達祐実が演じる。

 さらに、おしゃべり好きでその場にいるだけで周りを明るくするマサオの母親にふせえり、無口だけれど息子を優しく見守る父親に田口トモロヲと、名バイプレイヤーのベテラン2人が息の合った夫婦を演じる。

 映画『#ハンド全力』は5月22日より全国公開。