俳優の田中圭が、4月からスタートするドラマ『らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜』(テレビ東京系/毎週金曜20時)でゴールデン帯初主演することが発表された。田中が天才科学者役を務め、熱血刑事役の安田顕と共に難事件に挑む。

 本作はビッグコミック増刊号(小学館刊)で連載された作:夏緑、画:菊田洋之による人気漫画『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』の実写ドラマ化。田中演じる「DNAは嘘をつかない」が口癖で、数億桁の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者が、安田扮する熱血刑事や科捜研の美女とともに、難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るミステリー。

 主演を務めるのは、本作がゴールデン帯ドラマ初主演となる田中。テレビ東京では、深夜ドラマ『ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜』(2013年)以来7年ぶりの主演となる。田中が演じるのは、細胞医療学科・ゲノム解析学研究室に所属し、准教授の肩書きを持つDNAの専門家・神保仁。趣味は個人的なDNAデータベースを作成することで、研究に没頭するあまり常軌を逸した行動をとることがあり、周りからは変人と思われている。そんな神保と事件解決のためにタッグを組むのが、安田が演じる熱血刑事・安堂源次。神保とは正反対で、涙もろく直情型の昭和な刑事であり、変わり者の神保に何かと振り回される。田中と安田は今回が初共演となる。

 主演の田中は「これから安田さんをはじめ共演者の皆さまと一緒に、新しいモノを作っていければいいなと思います。金曜20時なので、みんなが楽しく観られるけど、気付いたら集中して夕飯を食べ忘れた…みたいな、のめり込める作品になればいいなと思います。みんなで頑張っていきます!」と語る。一方安田は「安堂という役を現場で楽しみながら、人間味あるよう演じていけたらと思います。田中圭さんとご一緒するのは初めてですが、とても嬉しく、光栄です」とコメントした。

 金曜8時のドラマ『らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜』はテレビ東京系にて4月から毎週金曜20時放送。