全米初登場ナンバーワンを記録した女優のマーゴット・ロビー主演映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』より、マーゴットの超絶クールなアクションを収めた本編映像と日本版予告が解禁された。

 本作は、映画『スーサイド・スクワッド』(2016)の人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公にした作品。ハーレイ・クインは、元々は犯罪者たちを治療する精神科医のインテリ女子だったが、治療対象だった世界で最も有名な“悪中の悪”ジョーカーと恋に落ち、彼のためならどんな犠牲もいとわず我が身をささげようとする、恋愛依存症で常識破りの“悪カワ”ヒロインへと変貌を遂げた。前作に続きマーゴットがハーレイ・クインを演じ、新たな敵となるブラックマスクを俳優のユアン・マクレガーが務める。メガホンを取るのは、DC初のアジア系女性監督、キャシー・ヤン。

 ジョーカーと別れ、すべての束縛から放たれたハーレイ・クイン。モラルのない天真爛漫な暴れぶりが街中の悪党たちの恨みを買うなか、謎のダイヤを盗んだ少女をめぐり、悪を牛耳る残忍でサイコな敵、ブラックマスクと対決する。戦いを前にハーレイは、とっておきの切り札、クセ者だらけの最凶チームを新結成。ヴィランだけの世界で、予測不能のクレイジー・バトルが始まる。

 今回解禁された本編映像は、ハーレイ・クインの高い身体能力をフルに活かした壮絶なアクションシーン。ハーレイはシステムを破壊して侵入した留置所で、“謎のダイヤを盗んだ少女”を見つける。しかしシステムエラーでスプリンクラーから大量の水が降り注ぎ、牢の鍵は全て開けられ、ハーレイに恨みを持つ大勢の悪党たちに阻まれてしまうことに。絶体絶命な状況下で、ハーレイはずぶ濡れになりながらも、華麗な技を駆使し悪党たちをなぎ倒していく。

 このシーンについてマーゴットは「急遽追加した“スプリンクラー”のシーンは嫌になるほど大変な撮影だったけど、本当に素晴らしい映像になってるの!」と太鼓判を押す。さらに「これまで多くのすばらしいアクションが生み出されてきたから、観客が初めて見るようなアクションを作ることが私たちの挑戦だった。“車の周囲でスケートしたあとにその車の屋根にバク転で乗る”とかね!全員に奇妙なアクションシーンがあって、とても面白いと思うわ」と、本作がアクションシーンについて深いこだわりを持った作品であることを明らかにしている。

 日本版予告は、ジョーカーと別れてクレイジーに“悪カワ”覚醒したハーレイが、豪快に銃をぶっ放すなど華麗なアクションを見せるほか、ハーレイの最愛のハイエナ・ブルース、「ゴッサムの男たちよ!ショーの始まりだ!」と宣言する“極悪”ブラックマスクなどが次々と登場。最後は「世界でイチバンのワルは―このハーレイ・クインよ!」というセリフでクールに締めくくられている。

 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は3月20日より全国公開。