女優の橋本愛が主演を務める、『連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件』(WOWOWプライム/3月7日より毎週土曜22時)より、俳優の北村有起哉、女優の松本まりから追加キャストが発表された。併せてポスタービジュアルも解禁された。

 作家・柚月裕子の小説『パレートの誤算』(祥伝社文庫)をドラマ化する本作は、生活保護をテーマに、現代日本をむしばむ病巣を描き出す作品。橋本が市役所で新人嘱託職員として働く主人公・牧野聡美を、増田貴久が聡美の同僚・小野寺淳一を演じる。

 不本意ながら嘱託という形で市役所の福祉課に勤務する牧野聡美(橋本)は、ある日突然、生活保護受給者と直接向き合うケースワーカーの仕事を命じられる。不安を抱く聡美はベテランの山川から「やりがいのある仕事だ」と励まされ、同僚の小野寺(増田)と共に、迷いを抱えながら多くの利用者たちと向き合っていく。ところが後日、その山川が、あるアパートの火災のあと他殺体で発見される。あれほど受給者から慕われていた山川がなぜ? 周囲で、山川が何らかの不正に関わっていたのではないかという疑念が膨らんでいく中、聡美と小野寺は、町を覆う不正の影と生活保護をめぐるさまざまな人々の人生模様に巻き込まれていき…。

 この度発表されたのは、橋本、増田の脇を固めるキャスト陣。北村が演じるのは、聡美に執拗につきまといながら真実に迫る刑事・若林役。一方、松本が演じるのは、物語の鍵を握る正体不明の⼥性・佳⼦役となる。ほかにも和⽥正⼈、⼩市慢太郎、⻄⽥尚美、尾美としのりなどの実⼒派から、冨⼿⿇妙、吉⽥芽吹ら、映像、演劇界で独特の存在感を放つ新鋭まで、個性あふれる顔ぶれが集結する。

 併せて公開されたポスタービジュアルは、橋本と増田、ドラマ初出演となる那須雄登(美 少年)に加え、今回発表されたキャスト陣のビジュアルが垣間見られるもの。そこへ「すべての命を未来へ。それが私たちの仕事。」というコピーが添えられ、どのようなヒューマンミステリーが展開されるのか楽しみなビジュアルとなっている。

 『連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件』は、WOWOWプライムにて3月7日より毎週土曜22時放送(全5話)。