俳優の綾野剛と星野源がダブル主演を務めるドラマ『MIU404』が、TBS系にて4月より毎週金曜22時に放送されることが決まった。綾野と星野の共演、そしてTBSドラマへの出演は、2017年10月期放送の『コウノドリ』以来2年半ぶり。

 本作は、警視庁“機動捜査隊”(機捜)が24時間というタイムリミットの中で犯人逮捕にすべてを懸ける姿を描く、一話完結のノンストップエンターテインメント。機捜でバディを組む伊吹藍と志摩一未を、綾野と星野がそれぞれ演じる。脚本はTBSのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などを手がけた野木亜紀子によるオリジナル。

 タイトル『MIU404』の“MIU”とは、Mobile Investigative Unit(機動捜査隊)の頭文字。“404”は綾野と星野が演じる機動捜査隊員の二人を指すコールサインだ。

 警視庁には現在3つの機動捜査隊が存在するが、本作は、警視庁の働き方改革の一環で作られたという架空の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」が舞台。2人はこの第4機捜に所属し、第1〜3機捜や捜査1課などのヘルプを行う。普段は覆面パトカーで地域をパトロールし、110番通報があれば事件現場に急行、迅速に初動捜査を行う。街中で勃発する各事案に対し、勤務時間の24時間以内にできる限り対処するのが彼らの仕事だ。

 綾野が演じる伊吹藍は、機動力と運動神経はピカイチだが機捜経験がなく、刑事の常識にも欠け、考える前に体が動いてしまう“野生のバカ”。一方、星野が演じる志摩一未は、常に先回り思考で道理を見極め、観察眼と社交力にたけているものの、自分も他人も信用しない理性的な刑事だ。伊吹とバディを組むことを命じられた志摩は、隙あらば暴走する伊吹に振り回されながら、犯人を追う羽目になる。

 『コウノドリ』では正反対な性格ながら、心から信頼し合う産婦人科医役をしっとりと優しく演じた二人。本作では一転、破天荒な“機捜バディ”としてガチンコバトルを繰り広げる。二人が車内で繰り広げる軽快な会話劇も見どころのひとつだ。

 綾野は「日本一のテレビドラマCrewが集結しました。脚本は野木亜紀子さんの完全オリジナル作品です。新井(順子)プロデューサー、塚原(あゆ子)監督、各部署スタッフ、各キャスト、そして源ちゃんと共にブレーキ無しのトップギアでお届けします」とコメント。

 一方、星野は役どころについて「僕が演じる志摩一未は、刑事としてとても優秀なのに他人や正義というものを全く信じていない。野木さんと打ち合わせした時、『いい人じゃない星野源が見たい!』と言われ、自分もそう思っていたのですごくうれしくて。今までにない自分を出せそうで、ワクワクしています」と意気込んでいる。

 金曜ドラマ『MIU404』はTBS系にて4月より毎週金曜22時放送。