女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに復活するドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)より、前作でも話題になっていた三角関係(?)となる、春子(篠原)、里中賢介(小泉孝太郎)、東海林武(大泉洋)の3ショット場面写真が解禁された。

 前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍。小泉、大泉も前作から続投する。

 解禁された場面写真は、実に13年ぶりの春子、里中、東海林の3ショットとなるが、「とっくり!」「くるくるパーマ!」が飛び交う「春子と東海林のバトル、それをなだめる里中」の構図は、相変わらず健在の様子。

 第1話(4月15日放送)では、かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業戦略課の課長になった里中賢介(小泉)はつぶやく。「今、彼女が来てくれたら…」。こうして、伝説のスーパーハケン大前春子(篠原)は戻ってきた。「とっくりが舞い戻ったって本当か!」と、旭川支社長補佐の東海林武(大泉)は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。

 そんな中、停泊するクルーザー上での社運をかけた商談で、通訳を任される春子。しかし商談は決裂寸前。すると里中の携帯が鳴る。新人ハケンの小夏(山本舞香)からだった。「助けてください。人事部の人達に監禁されて…」。ハケンの亜紀(吉谷彩子)が社員からセクハラされているのを小夏が匿名で告発したら、軟禁されてしまったらしい。クルーザー上の春子と里中、保養所に監禁された小夏たち、研修中の東海林。実はこの後、春子の決断で彼らの身にトンデモない出来事が同時に起ころうとしていた…。

 ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。