女優の有村架純と浜辺美波が姉妹役として共演しているJA共済のテレビCMより、ウエブ動画シリーズ『カスミナミ』第1弾『第二ボタン』篇が公開されている。

 自宅のソファの上で、リラックスしている様子の有村と浜辺。ふと有村が「第2ボタンってもらった瞬間はいいけど、捨てづらいよね」、「そういう第2ボタンを持っている人から(ボタンを)かき集めてオブジェにしたら、話題になるんじゃない?」と話かけるが、浜辺は興味なさげに短く返す。すると有村は「これあげるね、おやすみ」と、浜辺に何かを渡して立ち上がる。ふと目を向けると浜辺の手には第2ボタンが―。渡された第2ボタンを見つめたあと、浜辺は「世界一、いらない」とつぶやき、ドアからその様子を覗く有村は「かっこいい人だったよ」と言い残して締めくくられる。

 姉妹の何気ない日常を切り取った今回の撮影。2人ともリラックスした様子で進み、有村が浜辺に第2ボタンを渡して部屋を去るシーンでは、部屋を出たはずの有村が再びドアの隙間から顔を出して「美波、かっこいい人だったよ」とアドリブで一言残すと、「だからなんだよ」と浜辺が思わず笑いながらつぶやくアドリブの応酬がさく裂した。

 カットがかかった後も、有村が撮影セットにあった健康器具を使ってストレッチをすると、浜辺から「(身体が)やわらかい!」と驚きの声が上がり、一緒にストレッチをする様子も。その後も、有村と浜辺の会話は途切れることなく、終始2人の笑い声が絶えない現場となった。

 撮影後のインタビューでは、自宅での過ごし方について「ずーっとソファーにいる」という有村に浜辺が「えー!寝ちゃいません?」と驚いた様子を見せる。そして有村が第2ボタンのエピソードも披露。先輩からもらったことがあるという有村だが、そのボタンはどこかへなくしてしまったようで、その話を聞いた浜辺は「かわいそう!」とリアクションし、有村も「なんでもらったんだろう?私」と当時を振り返った。

 JA共済のウエブ動画シリーズ『カスミナミ』第1弾『第二ボタン』篇は配信中。