俳優の鈴木福が19日、自身のインスタグラムを更新し、中学卒業を報告。新型コロナウイルスの感染拡大で卒業式が縮小されたが、同級生の友人や先生、マネージャー、家族、ファンへ感謝の言葉とともに、現在の心境をつづった。

 鈴木は「いま、コロナウイルスによって皆さんの状況が様々だと思います。でも、今の気持ちをみんなに伝えたいのでか書かせてください」と前置きした上で、「今日、中学校を卒業しました。3年間あっという間に過ぎてしまいました(笑)」と報告。

 新型コロナウイルスの影響で「卒業式は縮小になって、少し寂しかったけど逆にすごく楽しい卒業式になりました!」と卒業式と書かれた立て看板の横でピースサインを浮かべる自身のショットを投稿している。

 続けて「3年間で一生友達でいたい人がたくさんできました!本当に幸せ者だ!! 僕がお仕事を楽しめているのも、学校があってみんなに会えて、みんなが応援してくれて、見たよ!とか言ってくれるで、それが僕の幸せで、この3年間は特に力の源は友達でした!」と友人へ思いをつづったほか、先生やマネージャーなどお世話になった人達に感謝を込めた。

 さらに「これからは義務教育が終わり、自分の今と将来と自分や周りのみんなの幸せのためにもっと頑張っていきます」と抱負も語り、「そのためにはたくさんの人の支えが必要です!これからも鈴木福をよろしくお願いします!!」と締めくくった。

 コメント欄には、「卒業おめでとう!」といった祝福の声が多数集まったほか、「福くんみたいな若い世代がたくさんいたなら日本の未来は明るい」「次は高校生楽しんでね〜」などのエールが続々と寄せられている。

引用:鈴木福インスタグラム(@s_fuku_at)