竹内涼真が主演するドラマ『テセウスの船』(TBS系/毎週日曜21時)の公式インスタグラムが、最終回を迎えた22日、放送開始1時間前に主人公・心を演じる竹内と鈴木亮平、榮倉奈々ら佐野家が揃った動画を公開。最終回を待ちわびる視聴者の声、そして放送後には感動の声、さらに佐野家ロスの声など大きな反響が寄せられている。

 本作は、平成元年に警察官の父親・佐野文吾(鈴木亮平)が起こした殺人事件により世間からずっと後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた主人公・田村心(竹内)が、あるきっかけでその事件当時にタイムスリップし、事件の真相を追うミステリー作品。予想を超える展開と感動を呼ぶ家族愛が“泣けるミステリー”として評判を呼び、ネットでは黒幕探しも過熱するなど話題となっていた。

 放送直前に投稿されたのは、「最終回までついにあと1時間 最後なので、佐野家からちゃんとご挨拶」というコメントとともに、竹内、鈴木、文吾の妻を演じた榮倉、長女・鈴を演じる白鳥玉季、長男・慎吾を演じる番家天嵩の佐野家が揃って登場した動画。

 動画では、「『テセウスの船』最終話、あと1時間」と家族がカウントダウン。竹内が慎吾役の番家をギュッと抱きしめ、全員がほほ笑むなか、鈴役の白鳥が「整列!気をつけ!よろしくお願いします」とハキハキとした声で先導すると、全員で「よろしくお願いします」とあいさつ。劇中の佐野家の仲のいい家族の雰囲気が溢れ出た動画となっている。

 この日放送された最終回では、事件の真相が明かされ、佐野家はハッピーエンドで幕を閉じた。

 この投稿には、「絶対観る!」「楽しみ でも終わっちゃうの寂しい」と最終回を待ちわびる視聴者からの期待の声のほか、放送終了後には、「マジ泣いた」「ありがとうございました。本当に最高でした!!」「私の心に一生残る名作です」と感動したという感想や、「幸せになってよかった」「大好きな佐野家がもう見られなくなるの寂しすぎる…」「佐野家大好きです」と佐野家ロスの声が殺到した。

引用:TBS日曜劇場『テセウスの船』公式インスタグラム(@theseus_tbs)