女優の松本穂香が主演を務め、角川春樹監督がメガホンを取る映画『みをつくし料理帖』の公開日が10月16日に決定。併せて、松本演じる主人公の澪と、奈緒演じる幼なじみの野江の姿が写し出されたティザーポスターが解禁された。

 高田郁による同名のベストセラー時代小説を実写化する本作は、幾度となく訪れる苦難を乗り越えながら料理に真剣に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と不変の友情を描く。『犬神家の一族』(1976)、『セーラー服と機関銃』(1981)、『時をかける少女』(1983)など数々の大ヒット作を生んだ角川監督が、生涯最後の監督作としてメガホンをとる。

 解禁されたティザーポスターは、8歳のときに大阪で生き別れ、今は江戸で暮らす成長した澪(松本)と野江(奈緒)の姿が写し出されたもの。女料理人としていきる澪が手前に配置された一方、江戸で評判の花魁・あさひ太夫として生きていた野江は、つややかな花魁姿でその肩越しに登場。決して交わることのない2人の視線に注目だ。

 さらにポスターの中央には、劇中で窪塚洋介演じる御膳奉行の小松原が澪に向けて説いた言葉「どんなときも、道はひとつきり」という言葉が記されている。果たして、澪と野江は再会を果たせるのか。物語の行く末が気になるビジュアルに仕上がった。

 映画『みをつくし料理帖』は10月16日全国公開。