女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がダブル主演を務めるドラマ『私たちはどうかしている』が、日本テレビ系にて7月より毎週水曜22時に放送されることが決まった。2人は初共演。

 本作は、15年前に起こった老鋪和菓子店「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命にほんろうされながらも引かれ合う2人の姿を描くラブミステリー。原作は、講談社「BE・LOVE」連載中で累計発行部数200万部を超える安藤なつみの同名漫画。

 日本テレビのドラマ初主演となる浜辺が、芯が強く、かれんで才能にあふれ、誰にも物おじしない和菓子職人・花岡七桜を、そして横浜が、創業400年の老舗和菓子店のクールな跡取り息子・高月椿を、それぞれ演じる。

 母子家庭だった七桜は、和菓子職人である母が勤める老舗和菓子屋「光月庵」に母娘で住み込んでいた。光月庵の跡取り息子・椿は七桜と同い年で、お互いに初恋の相手でもあった。しかし、ある朝、椿の父である光月庵の主人が何者かに刺され、血まみれで発見される。当時6歳の椿の証言で七桜の母は逮捕され、七桜も光月庵を追い出されてしまう。母は取調中に亡くなり、15年が過ぎた。

 七桜と椿は、ある和菓子の対決で再会。七桜の和菓子に興味をもった椿は、七桜が幼なじみと気づかぬまま、初対面でプロボーズする。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま、椿との結婚を利用して光月庵に乗り込むことを決意。しかし、そこには思わぬ逆境が待ち受けていて…。

 浜辺は「私が演じる七桜は、常に複雑で切ない思いと葛藤しながら椿と、そして和菓子と、向き合う女性です。亡き母への想い、和菓子への想い、そして椿への想い、たくさんの想いを重ねる七桜の気持ちを想像して誰よりも理解してあげられるよう寄り添いたいと思います」とコメント。

 横浜は「椿は、亡き父を尊敬していて父の言葉を信じ、光月庵を大切に思い、立て直そうと信念を貫き、奮闘するカッコ良い男です」と話す。役作りで和菓子作りも始めたといい、「少しでも多くの方に和菓子の魅力も伝えることが出来れば良いなと思っています」としている。

 水曜ドラマ『私たちはどうかしている』は日本テレビ系にて7月より毎週水曜22時放送。