歌舞伎役者の市川染五郎と女優の杉咲花が23日、都内で行われたアニメーション映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成披露報告会に、同作を手掛けたイシグロキョウヘイ監督とともに出席。自身を「コンプレックスばかりの人間」と称する市川が、歌舞伎役者にとっては足が長いこともコンプレックスになると告白した。

 本作は、人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年チェリーと、コンプレックスを抱くマスク少女スマイルの出会いを描いたオリジナルアニメーション。主人公のチェリーを市川が、ヒロインのスマイルを杉咲が演じる。

 市川は「声優のお仕事も映画のお仕事も初めてなので不安だったんですけれども、それを乗り越えて作品が完成しました。どんな反応をいただけるのか楽しみです」とコメント。杉咲は「音楽も楽しかったり映像もポップで全体的にポジティブな映画で、観ていただいた方にパワーを受け取ってもらえる作品だと思います」と作品について語った。

 またイシグロ監督からのオファーについて市川は「不安が一番大きかったんですが、監督のお手紙に熱いメッセージが書かれていました」とうれしそう。「自分の声が本当に嫌いなんですが、やるしかないんで」とコンプレックスも打ち明けた。

 「コンプレックスがありすぎて、コンプレックスばかりの人間」だという市川。「舞踊の作品をやるうえで、足が長いと腰が落ちて見えないのでそこがコンプレックスです」と、歌舞伎役者にとっては足の長さもコンプレックスとなってしまうのだと告白した。

 イベント終盤には、3月27日に15歳の誕生日を迎える市川へ、市川がファンだというマイケル・ジャクソンを模したクマ型のフィギュア「ベアブリック」と、劇中でチェリーが使用しているヘッドホンが贈られるサプライズも。「部屋へ飾ります」と笑みを浮かべる市川は、15歳の抱負を聞かれると「数学が苦手なので頑張りたいと思います」と学生らしい回答で報道陣を和ませた。

 劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』は5月15日より全国公開。