戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の最終週「炎は消えない」(第146回)が24日に放送され、喜美子(戸田)が武志(伊藤健太郎)の作品づくりを後押しする姿に、ネット上には「お母ちゃんかっこいいな」「いい母親」などの声が集まった。

 ある日、川原家に市役所の若手職員が訪ねてくる。職員は信楽の作品を集めた「みんなの陶芸展」に喜美子の陶芸教室からも出品してほしいと頼む。その夜、喜美子は作品を完成させたばかりの武志に「武志と同じ若い子らが企画した」と陶芸展に参加することを伝える。そして喜美子は「忙しなる」と言い残し、ひとりで工房へ行ってしまう。

 その後、武志は工房にやってくると「なぁ、みんなの陶芸展参加せぇいうこと?」と喜美子に問いかける。しかし喜美子はそっけない態度で「そんなこと言うてへんやん」と一言。すると武志は前向きな表情で「参加しよかな」とつぶやく。

 この親子のやりとりに、ネット上には「ここで突き放すキミちゃん、なかなか出来ることじゃないな」「キミちゃん、さすが火の付け方わかってる」といった投稿が寄せられ、さらに「武志にやる気が出てきて嬉しいなぁ」「武志に新たな目標が出来て良かった」などのコメントも相次いだ。

 「お母ちゃんの作品の横に俺の作品並べてええ?」という武志の言葉に、喜美子は「アカン」と即答すると「親の力借りて出品すんのか?」と言い放つ。喜美子の言葉に奮起させられた武志は、早速新たな作品づくりに取りかかろうとする。

 作品づくりに関しては、あえて厳しい態度で武志と接する喜美子の姿に、ネット上には「こんな時でも親の名前もコネも使わせないお母ちゃんかっこいいな」「喜美子…いい母親やな…」といった反響も巻き起こっていた。