木村拓哉がボディーガード役で主演を務める4月16日スタートのドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)に、なにわ男子/関西ジャニーズJr.の道枝駿佑がレギュラー出演することが発表された。憧れの大先輩・木村と念願の初共演となる。

 丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護るボディーガード・島崎章(木村)の活躍を描く本作。2018年1月期に放送された同名の前作では、権力や武器を備えた警察官に対し、丸腰でチーム一丸となって敵に挑んでいく章たち民間ボディーガードの姿を描いたが、今作ではあえて章の立場を“組織から独立した私設ボディーガード”へと大幅更新。<個人VS組織>の物語を軸に据える。

 道枝が演じるのは、独立した章(木村)が構える事務所と同じ雑居ビルにあるカフェで働く大学生・中島小次郎役。人と壁を作らず、年上の章にもストレートに物を言う役どころゆえに、木村とも距離感の近い芝居を展開していくことになる。

 現在17歳の道枝にとって木村は「小さい頃から家族と一緒にコンサートにも行っていたほど大好き!」という憧れの大先輩。本作への出演決定を聞いた瞬間を「5秒くらい時が止まりましたね!!」と振り返り、「すごいサプライズでビックリしましたし、本当にうれしくて、気合が入りました。両親やなにわ男子のメンバーにも報告したら、すごく喜んでくれました」と声を弾ませる。

 撮影初日、道枝は木村を目の当たりにするや、またもフリーズ状態に。「撮影初日は寒かった上に、すごく真剣な表情で撮影されている木村さんを見たら、めちゃくちゃ緊張してガタガタ震えてしまって…。初心に戻って、『ヤバいな、もっと頑張ろう!』と思いました」。

 そんな緊張状態も、木村のさりげない気遣いと懐の深さのおかげで次第に和らいでいったという。「木村さんはそんな僕にも優しく、お芝居の動きも一緒に確認してくださって、本当にありがたかったです。おかげさまで、2回目の撮影からは木村さんとも普通に会話させていただけるようになりました。もっともっとお話をさせていただいて、たくさんのことを学びたいです」と道枝。「これから3ヵ月、いい緊張感を保ちながら現場に臨んで、どんどん伸びてる身長だけじゃなく(笑)、中身も大きくなりたいなって思います!」と意気込む。

 木曜ドラマ『BG〜身辺警護人〜』はテレビ朝日系にて4月16日より毎週木曜21時放送(初回20分拡大)。