『ベルリン・天使の詩』『ヒトラー〜最期の12日間〜』などで主演を務めた名優ブルーノ・ガンツの遺作となる映画『Der Trafikant』(原題)が、邦題を『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』として7月24日より全国公開されることが決定。併せてビジュアルと場面写真が解禁された。

 本作では、第2次世界大戦直前、ナチス・ドイツとの併合に揺れる激動のウィーンを舞台に、17歳の青年フランツが、精神分析学者ジークムント・フロイト教授の教えを請いながら、恋に悩み、成長していく姿を、ニコラウス・ライトナー監督が幻想的な映像美で描く。原作は、2012年にオーストリアで出版され、社会現象に発展するほどの人気からドイツ国内で50万部以上が発行されたローベルト・ゼーターラーのベストセラー『キオスク』。フロイト教授役の名優ブルーノ・ガンツが、ナチスによる抑圧や老いから来る病に耐えながらも、うぶな青年の人生に華やかな彩りを添える人生の師を演じている。

 1937年、ナチス・ドイツとの併合に揺れるオーストリア。自然豊かなアッター湖のほとりに母親と暮らす17歳の青年フランツは、たばこ店の見習いとして働くためウィーンにやってきた。常連の一人で「頭の医者」として知られるフロイト教授と懇意になったフランツは、教授から人生を楽しみ恋をするよう勧められる。やがてボヘミア出身の女性に一目ぼれし、初めての恋に戸惑うフランツは、フロイトに助言を仰ぐ。しかし時代は国全体を巻き込んで、激動の時を迎えようとしていた―。

 ビジュアルは、主人公フランツを見つめるガンツ演じるフロイト教授の優しいまなざしが印象的なもの。物語の舞台となるたばこ店の前に立つフランツが、激動の時代をどのように過ごし、成長していくのかを想像させるものとなっている。

 映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』は7月24日より全国公開。