サーフィンにすべてを賭ける若者たちの青春を描くアニメ『WAVE!!〜サーフィンやっぺ!!〜』が三部作で劇場公開(予定)されることが決定し、併せて特報PVとティザービジュアルが解禁された。

 『WAVE!!〜サーフィンやっぺ!!〜』は、東京オリンピックで初めて競技種目として採用された話題のサーフィンを題材に、2018年よりCDドラマ、キャラクターソングをはじめ、ラジオ、イベント、アプリと、あらゆるメディアへ展開中のメディアミックスプロジェクト。アニメ映画となる本作は、乙女向けコンテンツ「B‐PROJECT」などを手掛けるMAGES.(LOVE&ART)が原作を担当し、前野智昭演じる主人公・陽岡マサキが、小笠原仁演じる転校生・秋月ショウと出会いサーフィンにのめり込んでいく、イケメン男子たちのオリジナル群像ドラマとなる。

 キャストには前野、小笠原のほか、中島ヨシキ、佐藤拓也、白井悠介、土岐隼一、岡本信彦、森久保祥太郎らが集結。監督は、アニメ『ゴブリンスレイヤー』や『少女終末旅行』を手掛けた尾崎隆晴、シリーズ構成は、『ブラッククローバー』や『転生したらスライムだった件』などの筆安一幸、そして、キャラクター原案を、ゲーム『アルカナ・ファミリア』などを手掛けるなど女性から圧倒的な支持を集めるさらちよみ、キャラクターデザインを岩佐とも子が担当する。制作は旭プロダクション。

 “海の上なら僕たちは自由になれる!―”。文字通り1年中大きな波が海岸を洗い続ける、茨城県の大洗海岸で生まれ育ったマサキ(前野)は、王子様のような転校生ショウ(小笠原)と出会い、1枚の板を挟んで地球と対峙する究極のスポーツ、サーフィンを知る。それは、波乗りの魅力に憑りつかれた少年たちの、終わらない物語の始まりだった…。

 解禁されたPVには、サーフィンの魅力にとり憑かれたメインキャストの8人の少年たちが登場。サーフィンにすべてを賭ける個性豊かなキャラクターたちがどのような物語を描くのか注目だ。

 併せて公開されたティザービジュアルは、物語の舞台となる茨城県大洗町で、照りつける太陽と輝く青い海をバックに、サーフボードを手に爽やかな風を受けながら海辺に立つ制服姿のマサキが描かれたもの。サーフィンに青春を捧げるマサキのきらめく物語を期待させる、夏らしいビジュアルに仕上がった。

 キャラクター原案のさらちよみは「サーフィン界独特のおしゃれなアース感や、サーファー達のかっこいい飛躍感をキャラクターで描けたら…という思いが現実となり、さらに素晴らしいスタッフ様たちのおかげで映像にしていただけることになり感激です。PVを観た後、海に飛び込みたくなりました。動く彼らに会えるのをとても楽しみにしています!」とコメントを寄せた。

 アニメ『WAVE!!〜サーフィンやっぺ!!〜』は三部作で今年劇場公開予定。本プロジェクトのラジオ番組『WAVE!! Brilliant Time』はBayfmにて毎週金曜23時30分放送。