国民的&国際的な作品群を生み出してきた制作陣が集結したアニメーション映画『神在月のこども』が2021年公開に向けて本格始動。主要キャラクターを演じるキャストとして蒔田彩珠、坂本真綾、入野自由の出演が発表されたほか、ティザービジュアルが公開となった。

 本作は、“島国の根”と書く神話の地「島根・出雲」を目指して駆ける少女の成長を描く劇場オリジナルアニメ。“神無月(かんなづき)”と呼ばれる10月は、出雲では“神在月(かみりつき)”と呼ばれ、全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議“神議り(かみはかり)”を行うといわれている。本作では、そんな“人々と神々”、“各地と出雲”、そしてこの島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションで描く。

 母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女・カンナ。そんな彼女のもとへ、一羽のうさぎ(シロ)と、一人の少年(夜叉)が現れ、出雲までの旅にカンナをいざなう。まわりはじめた神々の歯車。人々と神々の境界をまたぎ、出雲へ走る少女の旅がはじまる―。

 数ヵ月間に渡るキャスティングの末、主人公のカンナ役に決まったのは、多くの是枝監督作品に出演し、初主演した映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』では第43回報知映画賞新人賞を受賞するなど、17才にして目覚ましい活躍を遂げる蒔田。そして、アニメ『⻤滅の刃』の珠世役など数々の名演で不動の支持を得る坂本が神使の兎・シロ役を、映画『千と千尋の神隠し』のハク役、『聲の形』石田将也役など時代を超えて愛される名キャラクターを演じてきた入野が⻤の少年・夜叉役を演じる。

 スタッフには、白井孝奈が初めてとなるアニメーション監督を務めるほか、坂本一也(監督作品:『彼女と彼女の猫』ほか)がクリエーション監督を担当し、絵コンテには望月智充(監督作品:『海がきこえる』ほか)、美術監督には佐藤豪志(美術監督作品:『機動戦士ガンダムOO』『鋼の錬金術師』『コードギアス 亡国のアキト』ほか)、そのほか国民的&国際的アニメーションを生み出してきたクリエイター陣が集結。そしてライデンフィルムが制作を担当する。

 解禁されたビジュアルは、森の中の鳥居に佇むメインキャラクター3名の姿を切り取ったもので、薄明りや背景に写し出された霧が、物語の神秘さを醸し出しているようなビジュアルに仕上がっている。

 主人公・カンナを演じる蒔田は、「カンナが神様や仲間たちと出会い、悲しみを乗り越え成長していく様子は、観る人に勇気を与えてくれます。その時々の心の揺れ動きを伝えられるよう、心を込めて演じたいと思います」とメッセージを寄せた。

 映画『神在月のこども』は2021年公開予定。