長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の第16回「大きな国」が3日に放送され、出陣を前に道三(本木雅弘)が見せた姿に、ネット上には「迫力が本当に良い」「かっこいい」「大河史上最も魅力的な道三」などの反響が巻き起こった。

 高政(伊藤英明)と道三の戦いを阻止するために、光秀(長谷川)は尾張の帰蝶(川口)と対面。しかし彼女は、光秀が弟・孫四郎(長谷川純)に手を貸さず死に追いやったとして彼を厳しく突き放す。美濃に戻った光秀は、道三が戦をするために兵を集めていることを知る。光秀は勝ち目のない戦に乗り出そうとする道三を思いとどまらせるため説得に向かう。

 道三は光秀を迎えると、今や敵対する息子・高政について語り出す。高政は自分が“道三の息子”であることを自覚しながら、土岐頼芸が父親であると言いふらしていることを道三は明かす。そして道三は光秀に「人の上に立つ者は、正直でなくてはならん。偽りを申す者は必ず人を欺く。そして国を欺く…」と話す。

 道三が光秀に対して、教えを説くように語りかけたこの言葉に、ネット上には「名言だな」「現在に当てはまる道三様の名言」といった声が集まった。さらに本木演じる道三の出陣を前にした静かで重厚なたたずまいに「道三の迫力が本当に良いな」「ぶるっ、鳥肌!」などのコメントも寄せられた。

 道三は光秀の制止を振り切り「皆の者ー! 集えー!」と呼びかけ兵を集める。槍を持ち立ち上がった道三は光秀に「あの信長という男は面白いぞ」と語りかけると「あの男から目を離すな」と命じる。そして道三は真剣な表情で話を聞く光秀に「信長となら、そなたやれるやもしれん…大きな国を作るのじゃ」と言い残し、自らも戦場へと向かっていく。

 死を覚悟した道三の姿に、ネット上には「こんなかっこいい斎藤道三、見たことない」「間違いなく大河史上最も魅力的な道三」といった投稿も相次いだ。