女優の清原果耶が映画初主演し、女優の桃井かおりと共演する映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』より、俳優の伊藤健太郎や女優の水野美紀らが追加キャストとして発表された。

 本作は作家・野中ともその同名小説を、NHK連続テレビ小説『なつぞら』やドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ)で注目を集めた女優の清原果耶を主演に迎えて映画化。清原の出演映画『デイアンドナイト』でメガホンをとり、映画『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した藤井道人が監督を務める。

 ごく普通の14歳、つばめ(清原)は、父と、血の繋がっていない母親との間に子どもができると知り、どこか疎外感を感じていた。ある夜、いつものように、通っている書道教室の屋上に上がったつばめは、派手な装いの老婆・星ばあ(桃井)と出会う。不思議な星ばあに次第に心を開き始めたつばめは、恋の話や家族の話をするようになる。そんなある日、つばめは想いを寄せる大学生・亨が交通事故に遭ったと聞かされる。

 今回追加キャストとして発表された伊藤が演じるのは、つばめが恋するお隣の大学生・浅倉亨。藤井監督作品に初出演となる伊藤は「夏のとても暑い中での撮影だったのですが、1シーン1シーンすごく丁寧に撮影なさっていた事を思い出します」と撮影を振り返ると「この映画は『温かい』という言葉が1番似合うと思います。皆さん、ぜひお楽しみに!」と語った。

 そして水野はヒロイン・つばめの産みの母で水墨画家・山上ひばりを演じる。本作について水野は「ファンタジックで優しい作品です」と評すると「衣装や小道具の細部にまで繊細なこだわりと愛が詰まっています」とコメント。

 このほかにも、つばめの父・大石敏雄役に吉岡秀隆、つばめの義母・大石麻子役に坂井真紀、つばめが通う書道教室の先生・牛山武彦役に山中崇、つばめの元カレ・笹川誠役には醍醐虎汰朗がキャスティングされている。

 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は今秋全国公開。