俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第6週「ふたりの決意」(第27回)が5日に放送され、俳優の山崎育三郎が“謎の男”として初登場すると、その立ち居振る舞いや神出鬼没ぶりに、ネット上には「あれ、この消え方…」「まさか…」「相変わらず」などの投稿が多数寄せられた。

 豊橋で別れて以来、裕一からの便りが届かないことに不安を覚える音(二階堂ふみ)。気を取り直して川辺で歌の練習をする音だったが、その歌声は精彩を欠いている。彼女は自分の不調ぶりに首を傾げていると、すぐ側から「身体は楽器だ」と話す男性の声が聞こえる。

 スーツ姿でハットを被った男性は、ベンチに腰掛けて本に目を落としながら「もっとリラックスして、身体全体を使わないとダメだよ」とアドバイス。不思議に思った音が「あの〜…」と声をかけると、男性は本に目を落としたまま「君は力んで猫背になる悪い癖がある。身体を開いて、姿勢を少し上げてごらん」と語りかける。

 音は男性のアドバイス通りに歌ってみると、歌声は格段に良く響くようになる。音が「いい具合です!」と男性の方を振り返ると、男性は忽然と姿を消した後だった…。

 本作で初登場となる山崎が“謎の男”として登場すると、ネット上には「育三郎さんきたぁぁー!」「朝から麗しく素晴らしい」「育三郎〜〜!!と思ったら消えた」といったコメントが集まった。

 一方で、“謎の男”の上品な服装や少々キザな話し方、そして急に姿を消す様子から、ネット上には「あれ、この消え方…裕一の小さい頃の同級生の子と…」「まさか…大きくなった妖精…?」「相変わらずの神出鬼没ぶり笑」などの声も相次いでいた。