乃木坂46の与田祐希が5日、乃木坂46の公式ツイッターに登場。同日に20歳を迎えた与田がファンへのメッセージとして“大人になった”と思うことを明かした。

 乃木坂46は5日〜7日の3日間にメンバーの白石麻衣の卒業ライブを行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響でライブは行われなかった。そこで公式YouTubeにて、同期間の3日間にわたって2017年に東京ドームで開催された「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME」の模様を配信している。

 5日22時からの映像配信に先立つ20時頃に、乃木坂46公式ツイッターは動画をアップ。「場内アナウンスをお聴きの上、開演まで今しばらくお待ちください」というコメントとあわせて、ステージの写真と共に与田による場内アナウンスが流された。アナウンスの中で与田は「客席内での飲食はオッケーとなっております。くつろぎやすい場所でご覧ください。ただしご自宅以外でのご視聴は固くお断りいたします」と“ステイホーム”を呼びかける“影ナレ”を披露。

 さらにこの日に20歳の誕生日を迎えた与田は「20歳になりました〜」と報告。「なかなか正直実感はないんですけど…」と前置きしつつ、私生活で“大人になった”と思うことについて「今まで一切やってこなかった料理と、最低限しかしてこなかった部屋の片付けの楽しさに初めて気づきました」と告白。

 「休日は食べて寝てだけだったのに、今は異常に部屋の中で動き回って、汗だくになる生活をしています」と話すと「次、皆さんと会えるときは心身ともにちょっと大人になったなと思ってもらえるように、今おうちの中でできることを頑張っているので、楽しみにしていてください!」とファンにメッセージをおくった。