イケメン俳優のマット・ボマーらが出演したクライムドラマシリーズ『ホワイトカラー』。ドラマは惜しまれつつも2014年のシーズン6をもって放送を終了したが、この度ファンに朗報が飛び込んで来た。メインキャスト再会のスペシャルが配信されるようだ。

 本作は、頭脳明晰な元天才詐欺師ニール・キャフリーが知的犯罪捜査のコンサルタントとしてFBIに協力し、捜査官のピーター・バークらとともに事件を解決に導いていく物語。

 今回の再会スペシャルは、主演のマットとシリーズのクリエイターのジェフ・イースティンがSNSで明らかにしたもの。ジェフは「『ホワイトカラー』を呼び戻す計画があるんだ」とツイートし、ニールの詐欺師の相棒モジーのお決まりのセリフを引用して、喜びをアピールしている。

 マットはインスタグラムにて、メインキャストらの写真を公開。写真に写るキャスト全員が参加することを明らかにし、利益はすべてLGBTQコミュニティを支援するThe Trevor Projectに寄付されることを表明した。

 再会スペシャルには、マットのほか、ピーター役のティム・ディケイ、ピーターの妻エリザベスを演じたティファニー・ティーセン、モジー役のウィリー・ガーソンをはじめ、 シャリフ・アトキンス、 ヒラリー・バートン、マーシャ・トマソンら懐かしい顔が出演するそうだ。

 『ホワイトカラー』再会スペシャルは、アメリカ現地時間7日に、アメリカ俳優基金を支援するStars In The HouseのYouTubeチャンネルにて、ライブ配信されるという。

引用:
「マット・ボマー」インスタグラム(@mattbomer)
「ジェフ・イースティン」ツイッター(@jeffeastin)